ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・高齢者福祉 > 介護職員・介護支援専門員 > 介護人材確保・定着促進に係る取組

本文

介護人材確保・定着促進に係る取組

更新日:2019年8月21日更新 印刷

1 福岡県における介護人材確保・定着促進に係る取組


 福岡県では、介護人材確保・定着促進に向け、「福岡県介護人材確保・定着促進協議会」を設置し、福岡県内の関係機関や関係団体間の情報交換を図りながら、介護職員の現状と課題を把握するとともに、その課題の改善に向けた具体的な対策の検討、介護現場の事業者等の支援を行うなど、介護人材の確保・定着・資質の向上に取り組んでいます。

基盤整備

  • 福岡県介護情報ひろば
    介護のしごとへの正しい理解を促すとともに、介護の仕事に就きたい方などへの情報発信のためにホームページ「福岡県介護情報ひろば」を開設しています。

参入の促進

  • 介護に関する入門的研修
    介護に関する入門的研修(以下「入門的研修」という。)は、これまで介護との関わりがなかった者など、介護未経験者が介護に関する基本的な知識を身につけるとともに、介護の業務に携わる上で知っておくべき基本的な技術を学ぶことができる研修です。
  • 福岡県外国人留学生奨学金等支援事業費補助金
    介護施設等が、介護福祉士資格の取得を目指す外国人留学生の修学期間中の支援を図るため、当該留学生に対し、奨学金等を支給した場合にかかる経費の一部について助成を行います。
  • 外国人留学生等の参入促進事業
    介護に関する教育機関である介護福祉士養成施設において、将来の介護現場を担う世代に対する介護の専門性や意義を伝達する取り組みや、今後増加することが予想される留学生への日本語学習支援等による質の高い人材の養成・確保に係る取組を推進するため、本事業を実施した介護福祉士養成施設に対して、補助を行います。

資質の向上

  • 介護職員技術向上研修事業
    介護技術を向上し、医療と介護の連携などの課題に対応できるようにするための、介護職場でのキャリアに応じた、「技術向上研修1」(実務経験1年未満)、「技術向上研修2」(実務経験2年から3年程度)、「技術向上研修3」(実務経験4年から8年程度)の3段階の研修です。
  • 小規模事業所連携体制の構築支援事業
    個人の成長と事業所の課題解決を図るとともに、事業所間で日常的に情報交換や相談ができるネットワークを構築することを目的とした事業です。
  • 介護職員等喀痰吸引等研修事業
    介護職員等喀痰吸引等研修の講師を養成するための研修です。
  • リハビリ専門職の介護予防指導者養成事業
    リハビリ専門職を対象とした介護予防指導者を養成するための研修です。

労働環境・処遇改善

  • 介護職員管理能力向上事業
    職場環境を改善し、介護職員の働きがいを生み出す組織マネジメントや、人材育成に必要なリーダーシップ等を学んでいただき、職場で実践していただくことを目的とした事業です。また、アドバイザー派遣による助言など、研修参加者や研修参加事業所等に対する支援も行います。
  • 介護ロボット導入支援事業
    介護ロボットの普及促進のため、機器を購入した事業所に対して、補助を行います。
    本事業の募集は、既に終了しております。
  • キャリアパス構築支援事業
    処遇改善加算未取得の事業所については加算を取得することを、また、取得済の事業所についてはキャリアパスの見直し等を行うことにより、「加算区分I」を取得することを通じて、介護職員の確保・定着を図る事業です。

2 国が実施する取組

 厚生労働省では、福祉・介護のしごとの魅力を伝え、福祉・介護に対して抱いているイメージを向上させるための「体験型・参加型イベント」の開催や「世代横断的な広報活動」の展開、「若年層、子育てを終えた層、アクティブシニア層、介護事業者に対するターゲット別のアプローチ」を実施し、福祉・介護分野への多様な人材の参入促進を目的とした「介護のしごと魅力発信等事業」を行っています。

介護のしごと魅力発信等事業

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)