ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > パスポート・国際交流 > パスポートに関する手続き > パスポートを初めて申請される方

本文

パスポートを初めて申請される方

更新日:2020年4月1日更新 印刷

申請窓口の受付時間

月曜日から金曜日

申請は平日のみです

申請受付:午前8時45分から午後4時30分まで

申請からお受け取りまでおよそ10日から2週間必要です。海外旅行を計画されている方は、ご旅行予定の2か月前など余裕を持って申請されることをお勧めします。

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、申請窓口はお休みです。

必要書類をご確認の上、余裕を持って手続きにお越しください。

旅券の申請(平日の午前8時45分から午後4時30分まで)については、特に午後からは1時間以上お待ちいただく場合があります。

比較的空いている午前中にお越しいただくことをおすすめします。

受付業務の迅速化に努めておりますが、混雑状況によっては、お待ちいただく時間があることをご了承願います。

学校の長期のお休みや、お正月・お盆期間中の申請窓口は大変混み合います。

福岡県内のパスポートセンターで申請できるのは、日本国籍を有し、福岡県内に住民登録がある方です。
ただし、住民登録が福岡県外であっても、外国からの一時帰国者、学生(生徒)、単身赴任者等で福岡県内に概ね1か月以上居住されている方は一定の条件を満たせば福岡県でも「居所申請」ができますので、お電話でお問い合わせください。

パスポート申請・受取に必要な書類一覧表(手続きガイド)

申請は平日のみです

初めて申請する方

福岡県内のパスポートセンターで申請できるのは、日本国籍を有し、福岡県内に住民登録がある方です。
ただし、住民登録が福岡県以外の他の都道府県にあっても、外国からの一時帰国者、学生(生徒)、単身赴任者等で福岡県内に概ね1か月以上居住されている方は一定の条件を満たせば福岡県でも「居所申請
ができますので、お電話でお問い合わせください。

申請は平日のみです。詳しくは「パスポート窓口の受付時間」をご覧ください。

申請に必要な書類、申請書の記入事項に不備がある場合は、申請を受理できません。

  • 旅券番号は、パスポートを受け取られて確定しますので、事前にお知らせすることはできません。受け取り予定日以降に、パスポートを受け取ってから旅券番号を連絡することを旅行業者等にお伝えください。
  • 申請後の取り下げはできません。
  • パスポートの申請は、時間に余裕を持ってお越しください。
  • 季節、曜日、時間帯等によって窓口が混み合い、手続きに大変時間がかかる場合があります。
  • 特に、夏場(6月から9月の期間、特にお盆)、年末年始は申請が多く、混雑が予想されますので早めの申請をお願いします。午後からは1~2時間以上お待ちいただく場合があります。迅速な処理に努めていますがご理解をお願いします。
  • 午前中は比較的空いています。 午前中の申請をお勧めします。
  • 申請場所のみでのお受け取りとなります。
  • パスポートは、交付予定日以降お早めにお受け取りをお願いします。
  • 申請後6か月以内にお受け取りされなかったパスポートは失効します。
  • 失効したパスポート(申請時に前回パスポートを提出している場合を含む)は、お受け取りできなくなりますのでご注意ください。

新規申請に必要な書類

1. 一般旅券発給申請書:1枚

  • 申請日に成人の方は10年用と5年用のどちらかをお選びください。
  • 申請される日に未成年の方はすべて5年用となります。
  • 乳幼児であっても単独のパスポート(5年用)が必要です。
  • 小学生以上の方は、パスポート名義人が書いた申請書が必要です。
  • 申請書は 各パスポートセンター 県庁内総合案内窓口(申請書のみ配布)各市・区役所、町村役場にも置いてあります。ただし、各市・区役所、町村役場については常備ではありませんので、ご注意ください。
  • 申請書の様式は、法令により紙質、印刷等について外務大臣の承認を受けたものでなければ使用できませんので、各パスポートセンターまたは各市区町村役場窓口に置いている申請書をご使用ください。
  • 申請書は折り曲げないようにお願いします。
  • 黒ボールペン、黒インクでご記入ください。
  • 機械の高温で消えるため、消えるボールペンで記入した申請書は、受付できません。
  • 改元前の紙の申請書(平成18年3月改正以降)は、改元後も使用できます。

2. 戸籍謄(抄)本:1通

発行日から6か月以内のもの

本籍地は、申請書に都道府県名以下地番までご記入ください。

  • 戸籍謄本または戸籍抄本
  • 未成年者の方は申請時の親権確認ができる戸籍をお持ちください。。
  • 発行日から6か月以内のものが1通必要です。切り離しやコピーは不可)
  • 同一戸籍内にあるご家族の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本(全部事項証明書)1通で兼用できます。
  • ただし、申請書類不備等で家族の一部の方が受理されず別の日に申請することとなった場合は、その方の分の戸籍謄(抄)本が別途必要となります。
  • 戸籍事務がコンピューター化された区市町村では、戸籍謄(抄)本に代わって「戸籍の個人事項証明書」や「戸籍の全部事項証明書」が発行されます。
  • 戸籍謄(抄)本は、本籍地の区市町村の戸籍係で手に入ります。
  • 本籍が遠く離れている場合は 速達郵送等で請求 こともできますので、本籍地の各市町村に問い合わせてください。
  • 本籍地が不明な方は、実家で確認するか、本籍地入りの住民票で確認してください。

 

詳しくは「戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内のもの)  1通」をご覧ください。

3.パスポート用の写真:1枚(推奨:背景淡いブルー、カラー写真)

  • 6か月以内に撮影されたもの
  • 見本写真のように眉を含めて目元、顔の輪郭がはっきりわかるもの

パスポート用写真

(国際統一規格に沿った写真提出の重要性について)

パスポート用の写真は、出入国管理を担当する係官がパスポートの写真と所持人との同一性を容易に行えることが重要です。

そのため、同一人であることの確認に支障がある写真は適切なものに差し替えていただく必要があります。

写真の規格は、国際的な通用性の必要性から、国際民間航空機関(ICAO)の勧告に基づいて、世界共通のものが定められており、審査の際も、これに則ったものであることが厳しく求められています。

さらに、最近は、「顔認証ゲート」を通る観点からも、統一規格に沿った写真の重要性がますます高まっています。

このように、規格に沿った写真が極めて重要なものであることをご理解の上、以下の規格に合った写真(指定の規格を満たし容易に人物特定ができるもの)を提出してください。

ご理解とご協力をお願いします。

パスポート用写真規格

  • 縦45ミリメートル、横35ミリメートル
  • 上余白は2ミリメートルから6ミリメートル
  • 顔の寸法は32ミリメートルから36ミリメートル(頭頂からあごまで)
  • 顔の中心から写真の両端までは15ミリメートルから19ミリメートル
  • 本人のみが撮影されたもの
  • 提出の日前6か月以内に撮影されたもの
  • 背景淡いブルー推奨
  • 写真専用の台紙に印刷されたもの
  • カラー(推奨)でも白黒でも可
  • 眉を含めて目元、顔の輪郭がはっきりわかるもの
  • 縁なしで上記の各寸法を満たしたもの(顔の寸法は頭頂からあごまで)
  • 無帽で正面を向いたもの
  • 顔や背景に影がないもの
  • 白髪の方は背景淡いブルーをお勧めします
  • 写真館の方は、美肌モード等の加工をしないでください。
  • 申請書に貼らずにお持ちください。貼ったらはがさないでください。

上記の規格を満たしていても、

不適当な写真とは、「左右が反転している」「カラーコンタクトを着用している」「口を開けて笑っている」「髪の毛が目にかかっている」「顔の輪郭がわかりにくい」「画像を加工している」などご本人であることがわかりにくい写真です
詳しくは

をご覧ください。

 

4. 本人確認のための書類(有効な原本)   

有効期間中である原本(コピーは不可) の事例

  • 本人確認書類の氏名・生年月日・性別・住所・本籍は、戸籍や住民票の記載内容と一致しているものに限ります。
  • 法定代理人と一緒に申請する中学生以下の方で、本人確認のための書類がそろわない場合は、申請者の健康保険証と法定代理人の本人確認書類(運転免許証等)もお持ちください。

1点でよいもの=「運転免許証」、「写真付きのマイナンバーカード通知カードは不可」等

2点必要なもの= 「健康保険証と年金手帳」、「健康保険証と写真の付いた学生証」、「健康保険証と在学証明書」等の2点

乳幼児は、「健康保険証」と「母子手帳」等の2点等

該当する書類がない場合は「本人確認のための書類」をご覧ください。

5. 住民票:右の該当する方のみご用意ください

福岡県内に住民登録をしている方は、住民票は不要です。住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)により住民登録を確認することができます。

特別な場合に必要となる書類

住民票(発行日から6か月以内のもの)1通

ただし、次の場合は、住民票が必要です。(切り離しやコピーは不可

  1. 他の都道府県に住民登録している方が福岡県で居所申請する場合
  2. 申請窓口において、住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない場合
    (申請受付の際には先に、自らはっきりとそのことを申し出てください)
  3. 住所変更の手続き直後(住基ネットに反映されない間)にパスポートセンターに来られて申請される場合
    (住基ネットのデータが更新されるのに日数を要する場合がありますので、住所変更の手続きをされた際、新しい住所地の住民票を取得してきてください)

住民票の広域交付

  • 運転免許証、写真付きのマイナンバーカード等の提示により、最寄りの市区町村役場において住民票の広域交付を受けることができます。詳細につきましては、最寄りの市区町村役場で確認してください。
  • マイナンバーの表記のないものをご用意ください。

詳しくは「住民票(発行日から6か月以内のもの)1通」をご覧ください。

その他

 

代理提出(代理申請)

パスポートを申請したいのに平日にご都合の付かない方は、申請者ご本人に代わって代理の方(配偶者、第三者、旅行業者、行政書士など)が申請書類等を提出することができます。

(ただし、代理申請ができない場合があります。詳しくは「「代理提出(代理申請)」」をご覧ください。

  • 名義人ご本人が記入した申請書と戸籍謄(抄)本、本人確認書類などの原本が必要です。
  • 代理人の本人確認書類(運転免許証、写真付きのマイナンバーカード(通知カードは不可)等)も必要です。
  • 申請書表面の「所持人自署」、「刑罰等関係」と、申請書裏面の「申請者署名」及び申請書類等提出委任申出書」の申請者記入欄の4か所全てを旅券名義人ご本人が記入してください。

詳しくは「「代理提出(代理申請)」」をご覧ください。

居所申請

居所申請の対象になるのは、県外の都道府県に住民登録があり、福岡県内の居所(現在お住まいの場所)から通学、通勤している学生や単身赴任の方、海外から一時帰国中に申請する方などです。
居所申請の方は、申請者本人が窓口にお越しください。
詳しくは「居所申請」をご覧ください。

未成年者等の申請

小学生、中学生、高校生、大学生、専門学校生等の修学旅行・卒業旅行や子ども連れの家族旅行等、未成年の方がパスポートの申請の届出をする場合は、必ず「法定代理人(親権者または後見人)」の方の署名が必要です。

成年被後見人の方が申請する場合は、成年後見人の署名及び登記事項証明書が必要になります。
詳しくは「未成年者等の申請」をご覧ください。

このページのトップへ

申請書の記入方法

原則、申請書は全てご本人が記入してください。

  • 小学生以上の方は、パスポートの名義人が書いた申請書が必要です。
  • 黒のボールペン又は黒インクで記入してください。消えるボールペンやマジック、鉛筆では記入しないでください。

代理申請の申請者ご本人(旅券名義人)が記入する事項

下記4箇所全てを、必ず申請者ご本人がご記入してください。この欄の代筆は認められません。

代理提出
申請者本人が署名・記入

1.所持人自署欄(申請書表面 写真欄の下)

2.刑罰等関係欄(申請書表面 下段左側)
3.申請者署名(申請書裏面 中段)
4.申請書裏面「申請書類等提出委任申出書」の 申請者記入欄
  • 機械の高温で消えるため、消えるボールペンで書かれている場合は、書き直していただきます。

改元前(平成18年3月改正以降)の紙の申請書は、改元後も使用できます。福岡県では受付窓口で訂正(平成→令和)いたします。

※他人が記入しているものは受付できません。

  • 所持人自署欄に記入した署名は、そのままパスポートに転写されますので、繰り返し同様に書け、日常使用している署名をお書きください。
  • 小学生以上の方は「所持人自署」欄(表面)と「申請者署名」欄(裏面)については、ご本人が記入してください(ひらがなでも可)。法定代理人でも代筆できません。
  • 小学校入学前の乳幼児などで、ご本人が署名できない場合は、その法定代理人(父母など)が、代理署名することができます。所持人自署欄代筆の記入例 [PDFファイル/102KB]ご参照ください。
  • 身体に障がいのある方で、ご本人が署名できない場合は、その法定代理人や配偶者等が代理署名することができます。身体障がい者手帳または療育手帳をご持参ください。

代理提出の申請書記入にあたっての注意事項

  • 新規・切替、変更、査証欄増補の申請書には「申請書類等提出委任申出書」が印刷されています。代理申請をするときはこの部分に必要事項を記入する必要があります。
  • 「申請書類等提出委任申出書」は申請者記入欄と引受人記入欄に分かれています。

【申請者記入欄】
申請者署名欄に申請者ご本人が署名した上で、代理で申請書類を提出する方(引受人)の氏名、住所及び申請者とのご関係を記入して代理人を指定してください。
【引受人記入欄】

申請書の提出を引き受けた方(代理人)が引受人署名欄に署名し、連絡先電話番号等を記入してください。

  • 申請者本人にとって必要な書類一式のほか、代理人についても、運転免許証、健康保険証等の本人確認のための書類が必要ですので、ご注意ください。
  • 不明な方は、お電話で窓口にお問い合わせください。

その他の注意事項

  • パスポートの氏名は、戸籍に記載されている氏名の音訓または、慣用により表記されたヨミカタを、原則としてヘボン式ローマ字で表記してください。ヘボン式ローマ字表記方法については、「ヘボン式ローマ字表記表」をご参照ください。 

このページのトップへ

交付(お受け取り)

  • パスポートを受領できるのは、乳幼児も含めて旅券名義人ご本人だけです。小さなお子さまにつきましては、ご家族の方などがお連れください。
  • 申請時にお渡しする「一般旅券(パスポート)引換書」と受付カード、手数料(クレジットカードは不可)をお持ちください。


 「お受け取りについて

 「パスポート手数料一覧

パスポートの申請からお受け取りまでの期間

  • 申請受付の時にお渡しする「一般旅券(パスポート)引換証」に「受取予定日」を記載しております。(はがきによる通知は行っておりません)
  • 書類に不備などがあった場合は、交付予定日が変わることがあります。
  • 有効なパスポートを紛失した場合、申請からお受け取りまでの期間が長くなる場合があります。
  • 祝祭日を挟んだり、年末年始、大型連休等の期間は申請からお受け取りまでの期間が長くなります。
  • 申請された場所での交付(お受け取り)となり、申請場所により交付予定日が異なります。

 

書類などに不備がなく、申請が受理された場合パスポートの受取予定日は次のとおりとなります。

 

福岡県パスポートセンターと北九州パスポートセンター

申請の日を含めて 平日のみを数えて6営業日目(土曜日、日曜日、国民の祝日、休日、年末年始の12/29~1/3を除く) からのお受け取り予定となります。

久留米パスポートセンターと飯塚パスポートセンター

申請の日を含めて 平日のみを数えて8営業日目 (土曜日、日曜日、国民の祝日、休日、年末年始の12/29~1/3を除く) からのお受け取り予定となります。

このページのトップへ

パスポートは、申請者ご本人へのお渡しが義務付けられております!

  • パスポートは、年齢に関係なく、ご本人しかお受け取りになれません。小さなお子さまにつきましては、家族の方などが、お連れください。
  • パスポートの手数料(取得費用)は、お受け取りの際に必要となります。
  • 手数料は、申請種類ごとに定められており、いずれも所定額の国の手数料の「収入印紙」と福岡県の手数料の「福岡県領収証紙」を「一般旅券(パスポート)引換証」に貼り、納付してください。
  • なお、福岡県領収証紙を収入印紙に代えて、または収入印紙を福岡県領収証紙に代えて納付することはできません。
  • 収入印紙、福岡県領収証紙は、お受け取りの時間中のみ「各パスポートセンター」内でも販売しています。(久留米、飯塚は時間帯により庁舎内での販売になります)
  • 手数料の収入印紙・福岡県領収証紙の販売は現金のみです。クレジットカード等の利用はできません。
手数料

手数料は「パスポート受取り窓口」でも現金で販売しています

収入印紙・福岡県領収証紙を事前に購入したい方は、下記の窓口2か所へ事前にお問い合わせください

一度購入すると、現金での払い戻しができませんのでご注意ください

1.収入印紙

収入印紙は、郵便局で購入できます

福岡県領収証紙は、ほとんどの郵便局では販売していません

(郵便局で福岡県領収証紙と間違って、収入印紙を購入する事例が報告されています)

2.福岡県領収証紙

福岡銀行の本店又は大きな支店

警察署内の交通安全協会

で購入できます

(福岡銀行の小さな支店や出張所の店舗では販売していません)

ご注意!

海外渡航を計画し,いざ空港の航空会社の窓口でチェックインしようとした際,渡航先国で必要とされるパスポートの残存有効期間が不足していることがわかり,渡航をあきらめなければならないケースが発生しています。

 

このようなことを避けるためには,お持ちのパスポートの有効期間満了日をご確認いただき,残存有効期間が1年未満である場合には,新しいパスポートへの切り替えをおすすめします(残存有効期間が1年未満となった段階でパスポートの切替発給申請が可能となります。)。

 

各国が入国の際にパスポートに求める残存有効期間は,滞在期間や入国目的等により様々ですが,滞在期間プラス6か月以上とされている場合が多く,長期滞在を予定している場合には,滞在予定期間よりも長い残存有効期間を求められる場合もありますので,海外渡航を計画される際には,日本にある当該国の大使館,総領事館等に必要となるパスポートの残存有効期間をご確認ください。

このページに関するお問い合わせ先

電話による問合せ

電話の案内

福岡県パスポートセンター電話案内 092-725-9001

電話の案内は平日(月曜日から金曜日)・日曜日、午前8時30分から午後5時15分までにお問い合わせください。

上記受付時間外及び土曜日、祝日、休日、年末年始期間 (12月29日~1月3日) は自動音声による応答になります。

お電話がつながりにくいときは、30分から1時間してからおかけ直しください。

お電話は、午前中が比較的空いています。

お問い合わせの前に

みなさまから「よくあるご質問」を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。

申請・受取の受付時間

申請・受取の各窓口は「窓口の受付時間」をご覧ください。

申請は平日のみです。

福岡県パスポートセンターでは、戸籍謄本等の旅券申請に必要な書類がそろっており不備なく受理された場合は、旅券の申請から交付予定日までおよそ10日から2週間程度必要です。

観光旅行等で、渡航先国の電子渡航認証システム等の手続きをする場合や滞在ビザの取得が必要な場合は、およそ、2か月前からパスポート申請の準備をすることをお勧めします。

余裕を持って、申請手続きにお越しください。

旅券の発給に関するお尋ねは、個別事情を伺わないと判断できないため、お電話でご相談ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)