ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > パスポート・国際交流 > パスポートに関する手続き > 本人確認のための書類(有効な原本)

本文

本人確認のための書類(有効な原本)

更新日:2020年4月1日更新 印刷

窓口の受付時間

月曜日から金曜日

申請は平日のみです

申請受付:午前8時45分から午後4時30分まで

申請からお受け取りまでおよそ10日から2週間必要です。海外旅行を計画されている方は、ご旅行予定の2か月前など余裕を持って申請されることをお勧めします。

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、申請窓口はお休みです。

必要書類をご確認の上、余裕を持って手続きにお越しください。

旅券の申請(平日の午前8時45分から午後4時30分まで)については、特に午後からは1時間以上お待ちいただく場合があります。

福岡県内のパスポートセンターで申請できるのは、日本国籍を有し、福岡県内に住民登録がある方です。
ただし、住民登録が福岡県以外の他の都道府県にあっても、外国からの一時帰国者、学生(生徒)、単身赴任者等で福岡県内に概ね1か月以上居住されている方は一定の条件を満たせば福岡県でも「居所申請
ができますので、お電話でお問い合わせください。

小学生以上の方は、パスポートの名義人が書いた申請書が必要です。

パスポート申請・受取に必要な書類一覧表(手続きガイド)

本人確認のための書類は下記をご覧ください。

パスポートの申請を受け付けるときに、本人確認のための書類を提示(出)していただいています。これは、申請者が人違いでないことを確認するためのものです。

本人確認書類

  • 有効なパスポートをお持ちの方は、必ずお持ちください。
  • いずれの場合も有効な原本が必要です。コピーでは受付できません。
  • ご本人の写真が貼られ、かつ、張り替え防止措置された書類(下記表「1点で良いもの」)をお持ちの方は、その書類を1点提示してください。これらの書類を所持していない方は、下記表「2点必要なもの」の中から書類を2点提示してください。
  • 本人確認書類の氏名・生年月日・性別・住所・本籍地は、戸籍や住民票の記載内容と一致しているものに限ります。
  • 代理の方が申請書類等を提出する場合は、申請者ご本人と代理の方の本人確認書類の原本が必要です。
  • 未成年者の本人確認書類はこちらをご覧ください。→ 「未成年者の本人確認書類
  • 中学生以下の本人確認書類はこちらをご覧ください。→ 「中学生以下の本人確認書類
  • ここに掲げた書類がない場合は、申請窓口にお電話でご相談ください。

ご確認ください

  • マイナンバー(個人番号)カードは、本人確認書類として取り扱います。
  • マイナンバー(個人番号)通知カードは、本人確認書類として取り扱いませんのでご注意ください。
  • 写真付き住民基本台帳カード(平成28年1月以降は発行されていません)は、有効期間中は本人確認書類として取り扱います。
本人確認書類(有効な原本)

1点でよいもの

  • 有効な日本国旅券
  • 失効後6か月以内の日本国旅券(氏名及び写真で申請者ご本人であることが確認できるもの)
  • 運転免許証(国内で発行された国外運転免許証、仮運転免許証を含む)
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降の都道府県公安委員会発行のもの)
  • 船員手帳
  • 海技免状
  • 小型船舶操縦免許証
  • 猟銃・空気銃所持許可証
  • 戦傷病者手帳
  • 宅地建物取引士証
  • 電気工事士免状
  • 無線従事者免許証
  • 認定電気工事従事者認定証
  • 特種電気工事資格者認定証
  • 耐空検査員の証
  • 航空従事者技能証明書
  • 運航管理者技能検定合格証明書
  • 動力車操縦者運転免許証
  • 教習資格認定証(猟銃の射撃教習を受ける資格の認定証で都道府県公安委員会発行のもの)
  • •警備業法第二十三条第四項に規定する合格証明書(警備員に関する検定の合格証で都道府県公安委員会発行のもの)
  • 写真付きのマイナンバー(個人番号)カード(マイナンバー(個人番号)通知カードは、本人確認書類として取り扱いませんのでご注意ください)
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 写真付き身体障がい者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)
  • 官公庁(共済組合を含む。)がその職員に対して発行した写真の貼られた身分証明書
  • 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第2条第1項に規定する独立行政法人が、その職員に対して発行した写真の貼られた身分証明書  (詳細はこちらをご覧ください→「独立行政法人一覧(総務省:外部リンク先が開きます)」)
  • 総務省設置法(平成11年法律第91号)第4条第15号の既定の適用を受ける特殊法人が、その職員に対して発行した写真の貼られた身分証明書  (詳細はこちらをご覧ください→「所管府省別特殊法人一覧(総務省:外部リンク先が開きます)」)
  • 地方独立行政法人法(平成15年法律第118号)第2条第1項に規定する地方独立行政法人(公立大学法人を含む)が、その職員に対して発行した写真の貼られた身分証明書  (詳細はこちらをご覧ください→「地方独立行政法人の設立状況(総務省:外部リンク先が開きます)」)

2点必要なもの

A

「AとA」又は「AとB」の2点をご用意ください。「BとB」の2点の組合せは認められません。

  • 健康保険、国民健康保険若しくは船員保険の被保険者証
  • 介護保険被保険者証
  • 共済組合員証
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 国民年金手帳
  • 国民年金、厚生年金保険、若しくは船員保険にかかる年金証書
  • 共済年金若しくは恩給証書
  • 印鑑登録証明書と実印の2点セット(申請書裏面の「申請者署名」と「申請者署名」欄に押印が必要)
  • 生活保護受給証明書(公的機関発行のもので、休日・夜間等診療依頼証等を含みます)
B

「AとA」又は「AとB」の2点をご用意ください「BとB」の2点の組合せは認められません。

  • 失効後6か月以上経過した日本国旅券(パスポート)(氏名及び写真で申請者ご本人であることが確認できるもの)
  • 写真付き身分証明書(氏名・生年月日が記載され会社印・校長印のある社員証・生徒手帳・学生証)
  • 公の機関が発行した資格証明書(写真付き)(危険物取扱者免状・消防設備士免状・通訳案内士登録証・介護支援専門員証等)
  • 母子手帳(乳幼児)

※公の機関とは、国の機関、都道府県庁、区市町村役場や国、地方公共団体の行政監視又は行政監察の対象となっている機関などをいいます。

組合せの例
  • 健康保険証と年金手帳の2点「AとA」→可
  • 健康保険証と失効したパスポート「AとA」→可
  • 健康保険証と写真付き身分証明書の2点「AとB」→可
  • 写真付き身分証明書(社員証・生徒手帳・学生証)と公の機関が発行した資格証明書(写真付き)」の2点「BとB」不可
該当する書類がない場合は、お電話でお問い合わせください。

未成年者の本人確認書類(有効な原本)

未成年者の本人確認書類の例

未成年者がパスポート申請をするとき

  • 写真付きのマイナンバーカード(通知カードは不可)、運転免許証等を1点
  • 「健康保険証と写真付きの学生証又は身分証明書として発行された生徒手帳」の2点
  • 「健康保険証と写真付きの社員証」の2点
  • 「健康保険証と写真付きの資格証明書(公の機関が発行)」の2点

等の本人確認書類が必要です。

中学生以下の本人確認書類の例

中学生以下のお子さまの本人確認書類は、「1点でよいもの」がない場合、例示の2点組合わせ等で書類を提示してください。

  • 「本人の健康保険証と写真付きの学生証又は身分証明書として発行された写真付きの生徒手帳」の2点
  • 「本人の健康保険証と失効したパスポート」の2点
  • 「生活保護法による生活保護受給証明書(公の機関が発行したもの)と写真付きの学生証又は身分証明書として発行された写真付きの生徒手帳」の2点
  • 中学生以下の申請者(旅券の名義人となる方)が法定代理人(親権者又は後見人)と同時にパスポート申請するとき、又は、法定代理人が中学生以下の子に代わって代理申請するとき本人確認の書類がそろわないときには、「申請者本人の健康保険証と法定代理人の本人確認書類(「運転免許証」、「有効旅券」、「写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)」等)」を提示してください。
  • また、中学生以下の申請者が法定代理人以外の方(同居の親族など)に同伴されて申請する場合には、中学生以下の子の場合でも、上記の事例のような本人確認書類が必須となります。
乳幼児の本人確認書類の例
  • 「本人の健康保険証と母子手帳」の2点
  • 「生活保護受給証明書と母子手帳」の2点等
  • 乳幼児の申請者(旅券の名義人となる方)が法定代理人(親権者又は後見人)と同時にパスポート申請するとき、又は、法定代理人が乳幼児の子に代わって代理申請するとき本人確認の書類がそろわないときには、「申請者本人の健康保険証と法定代理人の本人確認書類(「運転免許証」、「有効旅券」、「写真付きマイナンバーカード(通知カードは不可)」等)」を提示してください。
  • また、乳幼児の申請者が法定代理人以外の方(同居の親族など)に同伴されて申請する場合には、乳幼児の子の場合でも、上記の事例のような本人確認書類が必須となります。

「B+B」の組合せは認められません。

例:「写真付きの学生証又は身分証明書として発行された写真付きの生徒手帳」と「失効した日本旅券(6か月以内経過したもの)」→不可

未成年者の申請については、こちらをご覧ください。 → 「未成年の方の申請

該当する書類がない場合は、お電話でお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

電話による問合せ

電話の案内

福岡県パスポートセンター:092-725-9001

電話の案内は平日(月曜日から金曜日)・日曜日、午前8時30分から午後5時15分までにお問い合わせください。

上記受付時間外及び土曜日、祝日、休日、年末年始期間 (12月29日~1月3日) は自動音声による応答になります。

お電話がつながりにくいときは、30分から1時間してからおかけ直しください。

お電話は、午前中が比較的空いています。

お問い合わせの前に

みなさまから「よくあるご質問」を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。

申請・受取の受付時間

申請・受取の各窓口は「窓口の受付時間」をご覧ください。

申請は平日のみです。

福岡県パスポートセンターでは、戸籍謄本等の旅券申請に必要な書類がそろっており不備なく受理された場合は、旅券の申請から交付予定日までおよそ10日から2週間程度必要です。余裕をもって申請してください。

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、申請窓口はお休みです。

観光旅行等で、渡航先国の電子渡航認証システム等の手続きをする場合や滞在ビザの取得が必要な場合は、およそ、2か月前からパスポート申請の準備をすることをお勧めします。

余裕を持って、申請手続きにお越しください。

旅券の発給に関するお尋ねは、個別事情を伺わないと判断できないため、お電話でご相談ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)