ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

2 福岡県公害審査会とは

更新日:2020年8月1日更新 印刷

福岡県公害審査会

1 はじめに   2 福岡県公害審査会とは  3 審査会が扱う紛争とは  4調停とは
5  調停の進行は   6 調停手続の流れ(図)   7 あっせん、調停、仲裁の主な相違点は   8 申請手数料は
9 他の主な紛争解決手段は   10 用語の解説   11 よくある質問   12 法令等


2 福岡県公害審査会とは

(1) 福岡県公害審査会(以下「審査会」といいます。)は、 公害紛争処理法 (昭和45年法律第108号)第13条及び 福岡県公害紛争処理条例 (昭和45年福岡県条例第41号)第2条の 規定により設置された福岡県の附属機関であって、公害に係る民事上の紛争について、中立公正な立場で、あっせん、調停、仲裁を行う組織です。

(2) 審査会は15人の委員で組織されています。
   あっせんは、15人のうちから審査会会長が事件ごとに指名する委員(3人以内)によって行われます。
   調停又は仲裁は、15人のうちから審査会会長が事件ごとに3人の委員を指名し、その3委員で構成された調停委員会又は仲裁委員会によって行われます。
  ( 手続の比較は、「 7 あっせん、調停、仲裁 の主な相違点は 」をご覧ください。)

(3) 審査会の委員は県議会の同意を得て知事が任命しており、弁護士などの法律の専門家のほか、公衆衛生や産業技術(大気、水質、騒音、振動、廃棄物など)の専門家など、 社会経験豊かな有識者で構成されています。


福岡県公害審査会委員  (公害紛争処理法第13条、昭和46年1月設置)

(令和2年8月1日現在)

氏名

職名

任命期間

穴井 謙

福岡大学工学部教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

伊藤 巧示

弁護士

2019年1月14日から2022年1月13日まで

伊藤 洋

北九州市立大学国際環境工学部教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

久場 隆広

九州大学大学院工学研究院教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

佐藤 薫

公益社団法人福岡県医師会理事

2019年1月14日から2022年1月13日まで

杉原 裕司

九州大学大学院総合理工学研究院教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

高田 正幸

九州大学大学院芸術工学研究院准教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

田中 昭代

九州大学大学院医学研究院講師

2019年1月14日から2022年1月13日まで

處  愛美

公益社団法人福岡県獣医師会理事

2019年1月14日から2022年1月13日まで

冨田 未紀

公益社団法人福岡県薬剤師会常務理事

2019年1月14日から2022年1月13日まで

畑中 久彌

福岡大学法学部教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

馬渡 桜子

弁護士

2019年1月14日から2022年1月13日まで

柳橋 泰生

福岡大学工学部教授

2019年1月14日から2022年1月13日まで

山本 英彦

医師

2019年1月14日から2022年1月13日まで

吉田 奈津子

弁護士

2019年1月14日から2022年1月13日まで


  前に戻る   次に進む


皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。