ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

3 審査会が扱う紛争とは

更新日:2020年2月8日更新 印刷

福岡県公害審査会

1 はじめに 2 福岡県公害審査会とは 3 審査会が扱う紛争とは  4 調停とは
5 調停の進行は 6 調停手続の流れ(図) 7 あっせん、調停、仲裁の主な相違点は 8 申請手数料は 

9 他の主な紛争解決手段は 10 用語の解説 11 よくある質問 12 法令等  

 

 


3 審査会が扱う紛争とは

  公害に係る被害について生じた民事上の紛争です。

  (公害紛争処理法第2条, 同法第26条第1項)

(1) 「公害」とは

 事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる 典型7公害によっ
    て、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずることをいいます。

 (1-1) 「相当範囲にわたる」とは
  人的・地域的に広がりがある、という趣旨です。(あっせん、調停、仲裁の
 申請は一人でもできます。)

 (1-2) 「典型7公害」とは
  大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染、騒音、振動、地盤の沈下及び悪臭を
 いいます。

(2) 「民事上の紛争」とは

 例えば、損害賠償の請求、操業の差止めや公害防止対策の実施を求めるといっ
    たことをいいます。

 *   「公害に係る被害について生じた民事上の紛争」に全く当たらない申請は却下され
   ることになります。

 

 *   行政機関に対し、公害発生行為と関連する行政処分(許可・認可など)の取消しを
   求めるものは「行政事件」と呼ばれ、民事上の紛争とは区別されていますので、審査
   会が扱う紛争に該当しません。(審査会は行政処分の是非を審査する機関ではありま
   せん。)
    なお、公害発生源に対する規制権限の行使等を求める場合については   
   「9 他の主な紛争解決手段は」をご覧ください。

 *   重大な被害をもたらす公害や航空機、新幹線の騒音などに係る特別な紛争について
   は、国(総務省)の公害紛争処理機関である「公害等調整委員会」が取り扱います。

   (公害紛争処理法第24条第1項、公害紛争処理法施行令第1条)

 *  防衛施設に係る公害は取り扱いません。(公害紛争処理法第50条)
    ( ⇒ 「9 他の主な紛争解決手段は」をご覧ください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 前に戻る   次に進む

 

 


 

 

 

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。