ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > パスポート・国際交流 > パスポートに関する手続き > 有効なパスポートを傷つけたり、汚してしまった方の申請

本文

有効なパスポートを傷つけたり、汚してしまった方の申請

更新日:2020年4月1日更新 印刷

申請窓口の受付時間

月曜日から金曜日

申請は平日のみです

申請受付:午前8時45分から午後4時30分まで

申請からお受け取りまでおよそ10日から2週間必要です。海外旅行を計画されている方は、ご旅行予定の2か月前など余裕を持って申請されることをお勧めします。

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、申請窓口はお休みです。

必要書類をご確認の上、余裕を持って手続きにお越しください。

旅券の申請(平日の午前8時45分から午後4時30分まで)については、特に午後からは1時間以上お待ちいただく場合があります。

比較的空いている午前中にお越しいただくことをおすすめします。

受付業務の迅速化に努めておりますが、混雑状況によっては、お待ちいただく時間があることをご了承願います。

学校の長期のお休みや、お正月・お盆期間中の申請窓口は大変混み合います。

福岡県内のパスポートセンターで申請できるのは、日本国籍を有し、福岡県内に住民登録がある方です。
ただし、住民登録が福岡県外であっても、外国からの一時帰国者、学生(生徒)、単身赴任者等で福岡県内に概ね1か月以上居住されている方は一定の条件を満たせば福岡県でも「居所申請
ができますので、お電話でお問い合わせください。

小学生以上の方は、パスポートの名義人が書いた申請書が必要です。

パスポート申請・受取に必要な書類一覧表(手続きガイド)

有効なパスポートを損傷(汚れた、破れた、洗濯した、査証欄等に落書きがなされているなど)した場合、そのパスポートを返納して、新たにパスポートの発給申請をしていただくことになります。

  1. 有効期限は、切り捨てとなります。
  2. 旅券番号も変わります。
  3. 手数料は新規発給と同じです。

手続きの概要

  • 損傷したパスポートを返納、失効させた上で、新た5年用・10年用のパスポートを発行(旅券番号も新しくなります)することになります。
  • 損傷したパスポートは必ず持参してください。
  • パスポートを細かく裁断した場合や、パスポートの身分事項や写真などが判別できないほどの損傷の場合には戸籍謄(抄)本(6か月以内のもの:1通)が必要になります。
  • 損傷の程度により、ご本人のみの申請となります。
  • 事前にお電話でお問い合わせください。
申請・受取の手続き
有効な旅券をお持ちの方 有効なパスポートをお持ちの方・・・「切替申請」
費用・手数料

旅券申請手数料

成人の方で希望する方は、10年用が16,000円

未成年の方及び成人の方で希望する方は、5年用が11,000円

12歳未満のこども用は、6,000円

手数料は現金のみです。クレジットカードは不可

詳しいお問い合せ 各パスポートセンタ―窓口

注意事項

損傷の程度が次のように著しい損傷などには、代理提出(代理申請)はできません。小さなお子さまにつきましては、ご家族の方などが、お連れください。

年齢に関係なく必ずご本人が申請してください。

  • 写真がはがれている、摩耗して認識できない
  • 氏名、生年月日、発行年月日等が識別できない
  • パスポートのページが1ページでも欠落している
  • パスポートがはさみやカッターなどで完全に分断された、裁断された
著しい損傷
必要な書類

1.戸籍謄(抄)本1通(6か月以内のもの)

データ面が破損しているなどの損傷の程度により必要となります。

2.パスポート用写真1枚(6か月以内の撮影したもの)

但し、旅券データ面が破損している写真の確認ができない等の場合は、もう1枚必要になります。

  • 推奨:背景淡いブルー、カラー写真
  • 見本写真のように眉を含め目元や顔の輪郭がハッキリわかるもの

 写真の規格

パスポート用写真

(国際統一規格に沿った写真提出の重要性について)

パスポート用の写真は、出入国管理を担当する係官がパスポートの写真と所持人との同一性を容易に行えることが重要です。

そのため、同一人であることの確認に支障がある写真は適切なものに差し替えていただく必要があります。

写真の規格は、国際的な通用性の必要性から、国際民間航空機関(ICAO)の勧告に基づいて、世界共通のものが定められており、審査の際も、これに則ったものであることが厳しく求められています。

さらに、最近は、「顔認証ゲート」を通る観点からも、統一規格に沿った写真の重要性がますます高まっています。

このように、規格に沿った写真が極めて重要なものであることをご理解の上、以下の規格に合った写真(指定の規格を満たし容易に人物特定ができるもの)を提出してください。

ご理解とご協力をお願いします。

 

必要な書類

必要な書類

3.本人確認のための書類

4.住民票:該当する方のみご用意ください

福岡県内に住民登録をしている方は、住民票は不要です。住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)により住民登録を確認することができます。

ただし、次の場合は、住民票(発行日から6か月以内のもの)が1通必要です。(切り離しやコピーは不可)

  • 他の都道府県に住民登録している方が福岡県で居所申請する場合:居所申請
  • 申請窓口において、住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない場合(申請受付の際には先に、自らはっきりとそのことを申し出てください)
  • 住所変更の手続き直後(住基ネットに反映されない間)にパスポートセンターに来られて申請される場合

(住基ネットのデータが更新されるのに日数を要する場合がありますので、住所変更の手続きをされた際、新しい住所地の住民票を取得してきてください)

5.事情説明書各種様式のダウンロード

パスポートを損傷した状況や経緯をお聞きし、「事情説明書」にそのことを書いていただきます。「事情説明書」は各パスポートセンタ―窓口で配布しています。

6.未成年者の方は、法定代理人の署名が必要です。

申請者 本人申請のみ

このページに関するお問い合わせ先

電話による問合せ

電話の案内

福岡県パスポートセンター電話案内 092-725-9001

電話の案内は平日(月曜日から金曜日)・日曜日、午前8時30分から午後5時15分までにお問い合わせください。

上記受付時間外及び土曜日、祝日、休日、年末年始期間 (12月29日~1月3日) は自動音声による応答になります。

お電話がつながりにくいときは、30分から1時間してからおかけ直しください。

お電話は、午前中が比較的空いています。

お問い合わせの前に

みなさまから「よくあるご質問」を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。

申請・受取の受付時間

申請・受取の各窓口は「窓口の受付時間」をご覧ください。

申請は平日のみです。

福岡県パスポートセンターでは、戸籍謄本等の旅券申請に必要な書類がそろっており不備なく受理された場合は、旅券の申請から交付予定日までおよそ10日から2週間程度必要です。余裕をもって申請してください。

土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、申請窓口はお休みです。

観光旅行等で、渡航先国の電子渡航認証システム等の手続きをする場合や滞在ビザの取得が必要な場合は、およそ、2か月前からパスポート申請の準備をすることをお勧めします。

余裕を持って、申請手続きにお越しください。

旅券の発給に関するお尋ねは、個別事情を伺わないと判断できないため、お電話でご相談ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。