ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > パスポート・国際交流 > パスポートに関する手続き > 戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内のもの)1通

本文

戸籍謄(抄)本(発行日から6か月以内のもの)1通

更新日:2022年8月3日更新 印刷

戸籍謄本が必要な方

次にあてはまる方は、申請日前6か月以内に発行された、記載内容が最新である戸籍謄本が1通必要です(切り離さずにそのままお持ちください。コピーは不可です)

戸籍謄本とは、その戸籍に入っている人が全員記載されているもので、その内の1人が記載されたものを戸籍抄本といいます。なお、戸籍がコンピューター管理されている場合、戸籍謄本は戸籍全部事項証明書、戸籍抄本は戸籍個人事項証明書になります。

戸籍謄本または戸籍抄本をご用意ください。

戸籍謄本は、本籍地の役場から速達郵便等で取り寄せることができます。詳しくは、本籍地の役場で確認してください。

戸籍の提出が省略できる方で、本籍地が番地までわからない場合は、戸籍謄本を取得して確認し申請窓口にご持参いただきますと手続きが速やかに行えます。

このような場合は

今お持ちのパスポートを有効なうちに切り替える(切替申請する)方

有効中のパスポートをお持ちで、戸籍の氏名や本籍地の都道府県名等に変更のない場合は、戸籍謄(抄)本の提出は省略できます。未成年者の方で、親権者と姓が異なる場合等は確認できる戸籍謄本が必要になる場合があります

省略できる方も、申請書の漢字氏名は戸籍どおりの字体で記入し、本籍も都道る県名以下地番まで書く必要があります。戸籍謄本でご確認の上で申請時にご持参いただきますと手続きが速やかに行えます。

ICカード化された運転免許証には、本籍欄はなく記載されていません。

別名併記を希望される方や旧姓併記を希望する方は、確認ができる戸籍謄(抄)本が全て必要となる場合がありますので、事前にパスポートセンターにご相談ください。

戸籍謄本の内容に変更があり、今お持ちのパスポートを有効なうちに切り替える(切替申請する)方 戸籍の氏名や本籍地の都道府県名等に変更のある場合は、戸籍謄本1通が必要です。
同一戸籍内にあるご家族の方が同時に申請する方 戸籍謄本1通で兼用できます。ただし、申請書類不備等でご家族の一部の方が受理されず別の日に申請することとなった場合は、その方の分の戸籍謄(抄)本が別途必要です。
紛失届を提出する方

紛失届出のみの方でも、紛失したパスポートと現在の氏名等が異なる方は戸籍謄本が必要です。

また、届け出のために本籍地は都道府県名以下番地まで記入する必要があります。

本籍地が番地までわからない方は、戸籍謄本を取得し申請時にご持参いただくと手続きが速やかに行えます。

婚姻届を出したばかりで新しい戸籍ができていない方

1.【有効なパスポートをお持ちの方】

  • 婚姻により氏名や本籍の都道府県が変わる場合は、その届出から新しい戸籍の編製までに1週間から2週間くらいかかります。原則として、新しい戸籍ができてから申請してください。
  • ただし、「有効なパスポートをお持ちの方」が、新婚旅行の渡航日が迫っていて、新しい戸籍ができてから申請したのでは間に合わない場合には、届出日から2週間以内に記載事項変更申請又は訂正新規申請をする場合に限り、新しい戸籍謄(抄)本をパスポートのお受け取りの際に提出することを条件に、市・区役所、町村役場発行の「婚姻届受理証明書」で申請できます。申請者ご本人が手続きにお越しください。お受け取りの際に、必ず新しい戸籍をお持ちください。
  • 渡航日が確認できる書類も併せてお持ちください。
  • なお、外国人との婚姻により、外国の姓に変更する場合は、「婚姻届受理証明書」に加えて「氏の変更届受理証明書」も必要になります。

2.【その他の方】

通常の申請となります。新しい戸籍ができてから申請にお越しください。

※パスポートを初めて申請する場合や前回取得したパスポートの有効期間満了後に申請する場合は、婚姻届受理証明書では申請できません。

戸籍謄(抄)本の取得について

  • 戸籍抄本や戸籍謄本は、戸籍の原簿のある本籍地の役所でのみ発行することができます。本籍地以外の市区町村では発行することができないのでご注意ください。
  • 本籍地の市区町村が遠 くに離れている場合は郵送で請求することもできますので、本籍地の市区町村の役所(役場)にお問い合わせください。
  • お取り寄せに1週間から2週間ほどかかる場合がありますので、お急ぎの方は、往復速達郵便をお勧めします。手数料を間違えると戸籍が届くまでに時間がかかりますのでご注意ください。本籍地の役場へお急ぎのことをご相談ください。
  • 省略できる方も本籍地が番地までわからない場合は、戸籍謄本を取得し確認の上ご持参いただきますと手続きが速やかに行えます。

福岡県内に本籍地のある方は、こちらを参照してください。 → 「福岡県内市町村へのリンク集

  • 発行された「戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)」等が2枚以上になっている場合は、切り離さずそのまま提出してください。申請者ご本人分だけ切り離したものは無効となり、受け付けできませんのでご注意願います。
  • 戸籍の記載事項に変更があった場合は、変更後の戸籍謄(抄)本が必要です。
  • 一部の市区町村では、写真付きのマイナンバーカードによる「コンビニ交付」で取得することもできます。ご自分の本籍地の市区町村がコンビニ交付に対応しているかどうかは「利用できる市区町村」をご覧いただくか、直接本籍地の市区町村へお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ先

電話による問合せ

電話案内

福岡県パスポートセンター:092-725-9001

電話の案内は平日(月曜日から木曜日)・日曜日、午前8時45分から午後5時00分まで、金曜日、午前8時45分から午後7時00までにお問い合わせください。

上記受付時間外及び土曜日、祝日、休日、年末年始期間 (12月29日~1月3日) は自動音声による応答になります。

お電話がつながりにくいときは、30分から1時間してからおかけ直しください。

お電話は、午前中が比較的空いています。

お問い合わせの前に

みなさまから「よくあるご質問」を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。

申請・受取の受付時間

申請・受取の各窓口は「窓口の受付時間」をご覧ください。

申請は平日のみです。

福岡県パスポートセンターでは、戸籍謄本等の旅券申請に必要な書類がそろっており不備なく受理された場合は、旅券の申請から交付予定日までおよそ10日間から2週間程度必要です。

土曜日、祝日、休日、年末年始(12/29~1/3)は、お休みです

日曜日はお受け取りのみで、申請はできません。国民の祝日と重なった日曜日にはパスポートお受け取り窓口を開けています。振替休日がお休みになります。

観光旅行等で、渡航先国の電子渡航認証システム等の手続きをする場合や滞在ビザの取得が必要な場合は、およそ、2か月前からパスポート申請の準備をすることをお勧めします。

余裕を持って、申請手続きにお越しください。

旅券の発給に関するお尋ねは、個別事情を伺わないと判断できないため、お電話でご相談ください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。