ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 5.これまでの取り組み内容(平成19年度まで)

本文

5.これまでの取り組み内容(平成19年度まで)

更新日:2020年6月22日更新 印刷

国が調査中止を発表した、平成19年度以前の下関北九州道路(関門海峡道路)の取り組みは、次のとおりです。

関門海峡道路経済調査委員会

 福岡県と山口県が主体となって、平成7年度に学識経験者、行政機関、民間からなる17名で設立しました。同委員会においては、平成7年度から平成9年度の3年間で、関門海峡地域における新たな地域間交流・連携・関門海峡道路の整備効果・重要性・必要性等について検討を行い、結果を公表しました。

構成:学識経験者、有識者、行政関係
主体:福岡県、山口県
期間:平成8年2月から平成10年3月
公表資料:「関門海峡に”新”動脈 関門海峡道路」平成10年7月

関門海峡道路を考える懇談会

 福岡県、山口県、北九州市、下関市及び地元経済団体が主体となって、平成12年度に学識経験者、報道関係者、民間からなる14名で設立しました。懇談会においては、地域及び中央の様々な立場の有識者から、幅広い議論と意見交換を行い、最終報告書を公表しました。

構成:学識経験者、報道関係者、経済界
主体:福岡県、山口県、北九州市、下関市、(一般社団法人)九州・山口経済連合会、中国経済連合会
期間:平成12年から平成13年4月
公表資料:「関門海峡道路を考える懇談会報告書」平成13年4月

シンポジウム

福岡県は、同盟会の一員としてシンポジウムの開催に参画しました。

平成9年「関門地域一体化促進シンポジウム」

 開催日:平成9年4月8日
 場所:リーガロイヤルホテル小倉(北九州市)
 参加人数:約600名
 主催:九州山口経済連合会、関門海峡道路整備促進期成同盟会 他

平成14年「シンポジウム海峡都市の未来を拓く」

 開催日:平成14年5月24日
 場所:北九州国際会議場(北九州市)
 参加人数:320名
 主催:関門海峡道路建設促進協議会、関門海峡道路整備促進期成同盟会

平成17年「ロマンチック海峡シンポジウム」

 開催日:平成17年10月17日
 場所:シーモールホール(下関市)
 参加人数:285名
 主催:関門海峡道路建設促進協議会、関門海峡道路整備促進期成同盟会

福岡県、山口県、北九州市、下関市の取り組み

 福岡県は、山口県、北九州市、下関市と連携して、下関北九州道路(関門海峡道路)に関する市民アンケートや企業ヒアリングなどの調査や、下関北九州道路(関門海峡道路)が整備されたときの関門地域の将来像の検討などを行いました。これまでの調査、検討の成果については、パンフレットにまとめて公表しました。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)