ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 6.これまでの取り組み内容(平成20年度以降)

本文

6.これまでの取り組み内容(平成20年度以降)

更新日:2020年6月22日更新 印刷

下関北九州道路(関門海峡道路)整備促進期成同盟会の取り組み

 国が調査中止を発表した以降の下関北九州道路(関門海峡道路)の下関北九州道路(関門海峡道路)整備促進期成同盟会の取り組みは、次のとおりです。

  • 平成20年度以降、福岡県、山口県、北九州市、下関市及び地元経済団体が構成員である「下関北九州道路(関門海峡道路)整備促進期成同盟会」や、地元経済団体や企業で組織する「下関北九州道路(関門海峡道路)建設促進協議会」等と連携しながら、国に対して、下関北九州道路(関門海峡道路)の早期実現に向け、必要な調査を行うように働きかけています。
  • 平成25年度から、国への働きかけを補強する資料として、下関北九州道路(関門海峡道路)が整備された場合の経済効果を具体的に把握するための「経済影響調査」を実施しています。

下関北九州道路調査検討会の取り組み

・平成29年5月30日に、地元の関係自治体、経済界に加えて、国の地方整備局の参画も得て、行政及び経済界の実務者レベルで組織する「下関北九州道路調査検討会」を設立し、概略ルート、構造形式、整備手法の3つの観点から具体的な調査検討を行い、平成31年3月8日に調査検討のとりまとめを行いました。

 平成29年5月30日 第1回下関北九州道路調査検討会

 平成30年3月25日 第2回下関北九州道路調査検討会

 平成30年7月 4日 第3回下関北九州道路調査検討会 

 平成31年3月 8日 第4回下関北九州道路調査検討会

 平成31年3月8日下関北九州道路調査検討会 調査検討とりまとめ [PDFファイル/2.9MB]

下関北九州道路計画検討会の取り組み

令和元年度より、国は地元の地方公共団体と協力しつつ、直轄調査に着手し、検討を進めていくこととしています。
こうした状況を踏まえて、下関北九州道路の計画の具体化に向けた必要な検討を行う場として「下関北九州道路計画検討会」が設立されました。

 令和元年9月13日 第1回下関北九州道路計画検討会 (国土交通省のホームページはこちら

 令和2年3月26日 第2回下関北九州道路計画検討会 (国土交通省のホームページはこちら

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)