ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 道路 > 1.下関北九州道路に期待される効果

本文

1.下関北九州道路に期待される効果

更新日:2020年6月22日更新 印刷

下関北九州道路のイメージ図

1-1下関北九州道路のイメージ図

注)図中の矢印は、具体的なルート、位置を示すものではありません。

  • 下関北九州道路は、古くから一体の都市圏を形成する下関市・北九州市の都心部を結び、東アジアのゲートウェイとしての関門地域の強みや特色を活かし、更なる地域の自律的発展に大きく寄与します。
  • 関門地域における安定的な交通機能の確保や本州と九州の連絡を強化し、大規模災害時における代替機能の確保の観点からも、重要な役割を担う道路です。

下関北九州道路ができれば地域の交通が大幅に改善され、以下の効果が期待されます

 

1-2「暮らし」における効果  

 

1-3「産業・物流」における効果

1-4「観光」における効果

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。