ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ア 申請

更新日:2018年10月1日更新 印刷

2   労働組合の資格審査
 [  (1) 労働組合の資格審査とは  |  (2) 資格審査が必要になる場合とは  | (3)審査手続 ]


 

( 3)審査手続
  [ ア 申請 | イ 審査 | ウ 決定 | エ その他


 

 

(ア)窓口

 申請のあて先は、原則として、次の労働委員会です(労働組合法施行令第1条、 第2条)。

a.  不当労働行為救済申立 の場合
 → 不当労働行為審査を管轄する労働委員会(労働組合法施行令第27条)
b. 法人登記の場合
 → 労働組合の主たる事務所の所在地を管轄する労働委員会(労働組合法施行令第2条第1項)
c. 労働委員会の労働者委員候補者推薦の場合
 → 候補者を推薦する労働委員会
d. 労働協約の地域的拡張適用申立の場合
 → 拡張適用をする当該地域の労働委員会(労働組合法施行令第15条)

 なお、例外もありますので、ご不明の場合は 当労働委員会事務局 審査課 にお問い合わせください。

(イ)必要書類

  • 労働組合資格審査申請書
    労働組合資格審査申請書 [Wordファイル/53KB]
     また、「福岡県申請・届出手続の総合窓口」において申請書用紙(PDF等)がダウンロード(新しいウインドウで開きます)できます。
  • 労働組合規約・付属規程
  • 組合役員名簿
  • 組合会計書類(予算書、決算書等)
  • 労働協約(使用者との間で労働協約が締結されている場合)
  • 加盟単組一覧表(連合団体の場合のみ)

 

(ウ)過去に提出した資料の援用

 添付資料は、同一組合から短期間に反復申請され、提出された場合、以前に提出された添付書類に変更がないときは、その添付書類を援用することができます。
 添付書類の援用該当事由は次の場合です。

a. 援用される書類が資格審査適合決定済みのもので、当労働委員会に保存されており、援用される当初の資格審査後3年以内のもの
b. 援用される書類が資格審査係属中のもので、援用される当初の資格審査申請から3年以内のもの
c. 援用される書類が取下げ又は打切りにより終結し、終結年度末から1年以内のもので、援用される当初の資格審査申請から3年以内のもの

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。