ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

イ 審査

更新日:2018年10月1日更新 印刷

2 労働組合の資格審査
 [ (1)労働組合の資格審査とは | (2)資格審査が必要になる場合とは | (3)審査手続 ]


(3)審査手続

 

 [ ア 申請| イ 審査 | ウ 決定| エ その他


 

 

(ア)事務局調査

 労働委員会会長から指名を受けた事務局職員が、申請組合の事務所に出向いて事実の調査を行います。
 ここでは、申請組合が労働組合法の規定に適合しているかどうか、申請書や添付資料の記載内容に基づき、聴き取り調査を行います。
 労働委員会が必要と認めた場合は、使用者からも聴き取り調査を行うことがあります。

(イ)チェック

 申請組合が提出した書類及び事務局調査を基に、申請組合が労働組合法第2条及び第5条第2項に適合しているかを検討します。
 労働委員会は、必要に応じて、申請組合に対して、規約の改正などの補正を指導することがあります。

(ウ)公益委員会議

 申請は、公益委員会議に付議され、そこで申請組合が自主的な組合であるか、民主的な組合としての規約を備えているかなどの法定要件について判断されます。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。