ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 雇用・労働 > 労働者保護 > 労働委員会統計(審査事件の状況)

本文

労働委員会統計(審査事件の状況)

更新日:2020年1月24日更新 印刷

2 審査事件(不当労働行為)の状況

(1)新規申立件数

最近5年間の取扱件数は次のとおりです。

 

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

令和元年

(平成31年)

新規申立件数

6

9

8

7

7

(2)新規申立件数(業種別)

最近5年間の業種別新規申立件数は次のとおりです。

 

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

令和元年

(平成31年)

農林漁業、鉱業、
採石業、砂利採取業
0 1 0 0 0

建設業

0

1

0

0

0

製造業

1

0

0

1

1

電気・ガス・熱供給・水道業

0 0 0 0 0

情報通信業

0

0

0

1

0

運輸業、郵便業

1

1

1

0

3

卸売業、小売業

2

0

1

0

0

金融業、保険業

0

0

0

0

0

不動産業、物品賃貸業

0

0

0

0

0
学術研究、専門・技術サービス業 0 0 0 0 0
宿泊業、飲食サービス業 0 0 0 1 1
生活関連サービス業、娯楽業 0 1 2 1 0
教育、学習支援業 1 0 1 1 1
医療、福祉 0 5 1 2 1

複合サービス事業

0

0

2

0

0
サービス業 1 0 0 0 0

公務

0

0

0

0

0
その他 0 0 0 0 0

6

9

8

7

7

審査の実施状況は、こちらをご覧ください。→不当労働行為救済制度(6)審査の実施状況

 


 

統計

調整事件(あっせん、調停、仲裁)の状況   2 審査事件(不当労働行為)の状況

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。