ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育・文化・スポーツ > 教育行政 > 教育委員会 > 「ふくおか教育月間」について

本文

「ふくおか教育月間」について

更新日:2020年11月24日更新 印刷

1 11月は「ふくおか教育月間」です

 福岡県教育委員会では「福岡県の教育月間を定める規程」を令和2年2月に制定し、毎年11月を「ふくおか教育月間」とすることといたしました。

 子どもたちが変化の激しい時代の中でたくましく生き抜く力を身に付けるために、学校、家庭、地域が連携・協働し、県民こぞって子どもたちを育んでいくことが求められています。

 学校教育と社会教育の連携を強め、社会全体が一体となった教育を実現するためには、県民の皆様一人一人が教育の重要性や在り方について考えていただくことが大切です。

 「ふくおか教育月間」の制定が、県民の皆様にとって、子どもを育む当事者としての意識をさらに高めていただく契機になることを願っています。

通知文書

福岡県の教育月間を定める規程 [PDFファイル/81KB]

「ふくおか教育月間」の実施について [PDFファイル/157KB]

2  「ふくおか教育月間」のイメージキャラクターが決定しました。名前は「ミライル」です。

メインロゴ

 「ふくおか教育月間」のイメージキャラクター「ミライル」は、これからの社会にはばたく子どもたちの「翼」をイメージした妖精です。

 「ミライル」という名前には、笑顔(スマイル)が溢れる未来(ミライ)に羽ばたいてほしいという願いが込められています。

 「ふくおか教育月間」の関連取組等において、是非積極的にご活用ください。

 なお、「ふくおか教育月間」のイメージキャラクターの使用にあたっては、使用取扱要領に留意ください。

 

使用取扱要領 [PDFファイル/227KB]

使用取扱要領(別紙:キャラクターデータ) [PDFファイル/436KB]

キャラクターデザイン1(png形式) [その他のファイル/27.49MB]

キャラクターデザイン2(png形式) [その他のファイル/22.4MB]

 

○ 福岡県在住のキャラクターデザイナー谷口 亮さんにデザインしていただきました。(東京2020オリンピック・パラリンピック公式マスコット制作者)

○ キャラクターの名称は、県内在住の方を対象に公募し、473件の応募の中から、審査の結果、田中亜弥さん(福岡市立田隈中学校 3年)の「ミライル」に決定しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

3 令和2年度「ふくおか教育月間」記念行事を開催しました

日時:令和2年11月23日(月曜日・祝日)

会場:アクロス福岡・イベントホール(福岡市中央区天神1-1-1地下2階)

 

プログラム

 

(1)  オープニングセレモニー

 ○ 狂言「蝸牛(かぎゅう)」

   狂言師 野村 万禄 氏 ほか

 

(2)  記念式典

 ○ 教育委員会挨拶(城戸教育長)

 ○ 来賓祝辞

  ・ 福岡県知事(代読 江口副知事)

  ・ 福岡県議会 吉松 源昭 議長

 ○ イメージキャラクター紹介

  ・ キャラクターデザイナー 谷口 亮 氏

  ・ 「ミライル」応募者 田中 亜弥 さん

 

(3)  記念講演

 ○ 「科学 -知る楽しさ、発見の歓び-」

   大隅 良典 氏(東京工業大学栄誉教授・2016年ノーベル生理学・医学賞受賞)

 

(4)  生徒発表

 ○ 福岡市立城南中学校 吹奏楽部

 ○ 福岡県立青豊高等学校 ダンス部

 

(5)  福岡県教育文化表彰表彰式

 ○ 児童生徒の部
   個人17名 団体6名  計23名

 ○ 一般の部
   個人30名 団体7名  計37名 合計60名

 

広報チラシ [PDFファイル/2.9MB]

リンク:令和2年度福岡県教育文化表彰の受賞者が決定しました

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)