ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > ふるさと寄附金・企業版ふるさと納税 > ふるさと寄附金 > ふるさと寄附金の税額控除について

本文

ふるさと寄附金の税額控除について

更新日:2020年7月6日更新 印刷

控除対象となる寄附金額 

 寄附金のうち2,000円を超える額(所得などに応じた上限額があります)

 総務省「ふるさと納税ポータルサイト」で寄附金控除のシミュレーションができます。

適用時期

 1月から12月の間の寄附額に応じて、その年の所得税及び翌年度分の個人住民税が軽減されます。
 原則として、最寄りの税務署に確定申告を行う必要があります。

手続き

 寄附先の自治体から送付された領収証を添付し、確定申告をしてください。

 福岡県の場合、寄附金のお支払いから約1か月半で領収証をお送りします。
 なお、納付書払い又は郵便振替の場合は、納付時に金融機関(郵便局を含む)で押印された書類が領収証となりますので、改めて領収証はお送りしません。

 一定の条件を満たす場合は、申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)を提出して、確定申告を行わずに控除を受けることもできます。
 詳しくはワンストップ特例について をご覧ください。

寄附・確定申告等の流れ

  1. 希望する自治体に寄附を行う
  2. 寄附先の自治体から寄附金の領収証が届く
  3. 寄附をした翌年の3月15日までに、寄附金の領収証を添えて最寄りの税務署に確定申告を行う
  4. 寄附をした年分の所得税から控除される
  5. 寄附をした翌年度分の住民税が減額される

 

 

ふるさと納税の手続の流れ図(確定申告の場合)

参考ページへのリンク

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。