ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 住宅の省エネルギーに関する制度について

本文

住宅の省エネルギーに関する制度について

更新日:2022年4月1日更新 印刷

住宅部門のエネルギーの消費量は、エアコンなどの設備機器の増加、ライフスタイルの変化などの要因により増加傾向にあります。

室内を快適な温熱環境に保ち、便利で快適なライフスタイルを維持しつつ、エネルギー消費量を抑制するには、住宅の外壁や窓などの断熱性能(外皮性能)の確保に加え、効率(一次エネルギー消費性能)の良い設備機器を採用することが大切です。

環境負荷の少ない、エコで快適な暮らしの指針となる、住宅の省エネルギー化に関する情報についてご紹介します。

住宅の省エネルギー基準に関する制度について

建築物省エネ法

「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」は、一定規模以上の非住宅建築物の新築等を行う際の基準適合義務等の規制的措置のほか、省エネ基準適合建築物の認定・表示制度について定められています。

【基準値について】

  1. 外皮性能 : 平成25年外皮基準(次世代省エネルギー基準(平成11年基準)相当)
  2. 一次エネルギー消費量 : 平成25年基準(平成24年時の標準的な効率の設備機器(暖冷房、給湯、換気、照明)を設置した時の一次エネルギー)

BELSの表示イメージです。

住宅・ビル等の省エネ性能の表示について [PDFファイル/1.33MB]
出典:国土交通省ホームページ

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度は、平成12年4月1日に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき、同年10月に本格的に運用された制度です。

「住宅性能表示制度」には、新築の場合、10分野33項目の評価項目があり、それぞれの項目について等級や数値で評価されます(等級が高いほど性能が高い)。

住宅の省エネルギー性能は、評価項目の中の「温熱環境」という項目で、以下の2つを表示することとしています。

  1. 外皮(住宅の外壁、窓など)の「断熱等性能」
  2. 設備(暖冷房、換気、給湯、照明)や創エネルギー(第要綱発電設備など)の「一次エネルギー消費量」

 

省エネルギー対策等級

省エネルギー
対策等級
1.断熱等性能 2.一次エネルギー消費量
平成25年基準相当-10%
次世代省エネルギー基準(平成11年基準) 平成25年基準相当
新省エネルギー基準(平成4年基準)
旧省エネルギー基準(昭和55年基準)
その他 その他

年間冷暖房エネルギー消費量の試算についてのグラフです。

新築住宅の住宅性能表示制度ガイド [PDFファイル/3.31MB]
出典:国土交通省ホームページ

 

省エネルギー性に優れた住宅について

認定長期優良住宅

環境負荷の低減を図りつつ、良質な住宅ストックを将来世帯に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることを目的に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、長期にわたって使用可能な質の高い住宅として認定された住宅です。

認定長期優良住宅は、住宅性能表示制度の断熱等性能等級4の住宅となります。

長期優良住宅の概要を示したイラストです。

長期優良住宅法について

低炭素住宅

都市の低炭素化の促進に関する法律(エコまち法)で定める低炭素建築物とは、建築物における生活や活動に伴って発生する二酸化炭素を抑制する低炭素化に資する措置が講じられている、市街化区域内等に建築される建築物を指します。

【認定基準】

  1. 省エネ基準を超える(-10%)省エネルギー性能を持つこと、かつ低炭素に資する措置を講じていること
  2. 都市の低炭素化の促進に関する基本的な方針に照らし合わせて適切であること
  3. 資金計画が適切なものであること

低炭素建築物新築等計画の認定について

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。

ZEHのイメージ画像です。

経済産業省エネルギー庁のホームページ

幸せなエコライフパンフレット((一社)日本サステナブル建築協会)

 

住宅の省エネルギー化に関する補助金について

福岡県木造戸建て住宅性能向上改修費補助金

福岡県では、市町村を通じて、耐震性のない木造戸建て住宅を対象とする性能向上改修工事(耐震改修工事とあわせて行う省エネ改修工事)等に要する費用の一部を補助しています。

補助の実施状況、補助対象要件、補助金額等は市町村により異なりますので、お住まいの市町村にご確認ください。

木造戸建て住宅を対象とする耐震化促進の取組み

ふくおか県産材家づくり推進助成制度

福岡県では、環境にやさしく耐久性にも優れ、新しい生活様式に対応する優良な木造住宅の普及促進を図るため、県産木材を活用し、一定の基準を満たした木造住宅を新築又は購入する方に対して、予算の範囲内で助成金(補助金)を交付します。

ふくおか県産材家づくり推進助成制度

福岡県既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業

福岡県では、若年世帯・子育て世帯が行う既存住宅の子育て仕様へのリノベーション工事や親世帯との近居・同居のために行うリノベーション工事に加え、「新しい生活様式」に対応するために行うリノベーション工事に係る費用の一部を補助します。

福岡県既存住宅流通・多世代居住リノベーション推進事業

その他関連事業

主な国の省エネ住宅補助事業についてご紹介します。(令和4年4月時点)
詳細は各ホームページをご覧ください。

こどもみらい住宅支援事業(国土交通省)

 子育て支援と2050 年カーボンニュートラルの実現に向け、子育て世帯または若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得に伴う負担を軽減するとともに、住宅の省エネリフォーム等を補助することにより、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図ることを目的とする補助金事業。

戸建住宅ZEH化等支援事業(環境省)

 二酸化炭素の排出の抑制に向けて、戸建住宅の高断熱化による省エネ・省CO2化を支援するため、ZEH住宅あるいはZEH+住宅を、新築または購入する際の費用を補助する事業。

長期優良住宅化リフォーム補助金(国土交通省)

 良質な住宅ストックの形成や、子育てしやすい生活環境の整備等を図るため、 既存住宅の長寿命化や省エネ化等に資する性能向上リフォームや子育て世帯向け改修に対する支援を行う事業。

 

※その他、市町村で独自の補助事業等を行っている場合があります。
 お住まいの市町村の窓口へご相談ください

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)