ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

遊漁船業の登録

更新日:2020年5月15日更新 印刷

 「漁業者に新型コロナウィルス感染者が発生したときの対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」について(周知)

 

新型コロナウイルス感染防止の取組みにご協力ありがとうございます。

水産庁が「漁業者に新型コロナウイルス感染者が発生したときの対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」を改正したことを受け、全国漁業協同組合連合会から、関係漁業協同組合等に対し、以下の通知がなされました。

通知 [PDFファイル/227KB]

通知においては、遊漁船業においても同ガイドラインの準用を呼びかけています。

 

つきましては、遊漁船業者の皆さまへ、業務参考用としましてガイドラインについて

ガイドライン [PDFファイル/313KB]

周知させていただきます。

 

なお、全国漁業協同組合連合会の通知における資料は以下のとおりです。

「漁業者に新型コロナウイルス感染者が発生したときの対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン」の周知について(令和2年5月14日 一般社団法人大日本水産会 全国漁業協同組合連合会) [PDFファイル/137KB]

漁業者向けガイドラインの改正について [PDFファイル/61KB]

漁業者に新型コロナウイルス感染者が発生した時の対応及び事業継続に関する基本的なガイドライン [PDFファイル/313KB]

新型コロナウイルス感染症の予防対策_PR板 [PDFファイル/323KB]

漁業者向けガイドライン_PR版 [PDFファイル/678KB]

(参考)漁業用ガイドライン_新旧対照表 [PDFファイル/318KB]

 

ガイドラインについては水産庁HPにも掲載されておりますので、併せてお知らせさせていただきます。

農林水産省HP:http://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/ncv_guideline.html

 

 

 

福岡県における新型コロナウィルス感染症に関連する情報については、 新型コロナウィルス感染症ポータルページ をご覧ください。

遊漁船業者登録制度

 遊漁船業とは、海面と指定された湖沼(サロマ湖、風蓮湖、温根湖、厚岸湖、霞ヶ浦、琵琶湖などで福岡県内にはありません)で、船舶により乗客を漁場に案内し、釣りなどの方法により魚種、その他の水産動植物を採捕させる事業のことです。

 営業を行うには、事故等に備えての業務主任者の選任や、損害賠償保険への加入等の様々な義務が課せられています。

 遊漁船業の登録は「遊漁船業の適正化に関する法律(以下 法 とする)」に基づいて行われ、登録を受けずに営業を行ったり、事業者の義務に違反した場合は、法により厳しく罰せられます。

 (注)登録方法については、下記の【遊漁船業者登録をするには】をご覧ください。

業務主任者とは

 業務主任者とは、利用者の安全管理等を行う責任者であり、遊漁船運航の際は必ず乗務しなければなりません。

 福岡県や農林水産大臣の認定を受けた民間業者が業務主任者養成のための講習会を開催しています。この講習を修了することが、業務主任者の資格要件のひとつとなりますので、遊漁船業を営業したい方は、この講習を受講した業務主任者を選任して(法第十二条、遊漁船業の適正化に関する法律施行規則第十条)、県の登録を受けてください。

 (注)講習会の開催については【業務主任者講習会の開催について】をご覧ください。

 また、業務主任者になるには10日以上(1日5時間以上)の実務研修、または1年以上の実務経験も必要です。

 登録申請者と業務主任者が同じでも問題はありません。

損害賠償保険とは

 遊漁船業の登録には遊漁船の乗客の生命又は身体に生じた損害を賠償するための措置を講じておかなければなりません。

 てん補限度額は遊漁船の旅客定員1人当たり3,000万円以上と定められています。

遊漁船操縦者は特定操縦免許が必要です

 遊漁船を操縦する船長は、乗客を乗せて漁場に案内することから、特定操縦免許を取得しておくことが必要です。

 (注)特定操縦免許の取得方法については最寄りの運輸支局や海事事務所にお問い合わせください。

注意:登録を受けられない場合や登録を受けても取り消される場合があります!

 たとえ講習を受講していても、法令違反で一定以上の刑を受け2年間を経過しない等の要件(登録拒否要件)に該当する場合は、登録を受けることができません(法第6条関係)。

 また、登録済みの遊漁船業者が

  (1)不正の手段により遊漁船業者の登録を受けたとき

  (2)法第6条第1項第2号又は第4号から第7号までのいずれかに該当することとなったとき

  (3)法第17条第1項又は第2項の規定に違反したとき

  (4)法第19条第1項の規定による事業停止命令に違反したとき

には、登録が取り消される場合があります。

 (注)登録の取り消しを受けた日から2年間登録することができません。

 

 詳細については、当課までお問い合わせください。

遊漁船業者登録をするには

業務主任者講習会の開催について

日時・場所等の詳細や受講申し込み方法については、下の連絡先をご覧のうえ、直接お問い合わせ下さい。

【お知らせ】業務規程例の改正について

 近年、遊漁船及び瀬渡船における釣り客の落水事故が多く発生し、中には死亡事例も見受けられています。この状況を鑑み、水産庁は遊漁船利用者の安全確保のため、遊漁船業者が法に基づき定める業務規程例を改正し、業務の実施体制等に関する事項、安全の確保のため周知すべき内容及び方法、安全の確保のため船長及び業務主任者が遵守すべき事項を一部追加しました(平成30年10月22日付30水管第1641号通知)。
 遊漁船業者におかれましては、新たな規程例を活用して、より一層遊漁船利用者の安全確保に努められるよう、お願いいたします。
 なお、新たな規程例で業務規程を作成した後は、その写しを県まで送付願います。

様式集

記入例一覧

書類送付先

〒812-8577
福岡市博多区東公園7番7号
農林水産部水産局漁業管理課漁場環境係
Tel:092-643-3555
Fax:092-643-3558

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)