ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 産業保安 > 採石 > 砂利採取業に関する手続きを行うには

本文

砂利採取業に関する手続きを行うには

更新日:2019年4月1日更新 印刷

砂利採取業に関する手続きを項目別に案内します

1 砂利採取業の登録

  • 砂利採取業を行おうとする場合には、その区域を管轄する都道府県知事に申請書を提出し、登録を受けなければなりません。(登録手数料・福岡県領収証紙13,000円) 

    1-1  砂利採取業者の登録の申請(新しいウィンドウで開きます。)

2 認可関係

    海砂利は県土整備部港湾課が担当しています。

    海砂利以外は県土整備部河川課が担当しています。

3 届出

  • 砂利採取業者の地位を承継した場合は、都道府県知事に届け出なければなりません。 

   3-1  砂利採取業者の承継の届出(新しいウィンドウで開きます。)

  • 砂利採取業者は、次の事項に変更があったときは、その登録をした都道府県知事に届け出なければなりません。
      ・氏名又は名称及び住所(法人の場合は、名称、住所、代表者名)
      ・事務所名称及び所在地
      ・砂利採取業務主任者
      ・業務を行う役員の氏名(法人の場合)

   3-2  砂利採取業者登録の変更の届出(新しいウィンドウで開きます。)

  • 砂利採取業者は登録した都道府県内での砂利採取業を廃止したときは、都道府県知事に届け出なければなりません。

   3-3  砂利採取業の廃止の届出(新しいウィンドウで開きます。)

4 試験

  • 砂利採取業務主任者試験は、11月の第二金曜日に行われます。試験合格者には、合格証が交付されます。(試験手数料・福岡県領収証紙8,000円)

   4-1  砂利採取業務主任者試験受験願書の提出(新しいウィンドウで開きます。)

  • 合格証を汚し、損じ、紛失した場合は、交付をした都道府県知事に再交付の申請ができます。   

   4-2  砂利採取業務主任者試験合格証の再交付(新しいウィンドウで開きます。)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。