ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 予防接種 > 【企業の健診ご担当者さま向け】職場の健診を活用した風しん対策(無料の抗体検査と予防接種)にご協力をお願いします
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 【企業の健診ご担当者さま向け】職場の健診を活用した風しん対策(無料の抗体検査と予防接種)にご協力をお願いします

本文

【企業の健診ご担当者さま向け】職場の健診を活用した風しん対策(無料の抗体検査と予防接種)にご協力をお願いします

更新日:2022年7月13日更新 印刷

 

【企業の健診ご担当者様向け】

 【 目 次 】

  1. 職場の健診を活用した風しん対策(無料の抗体検査と予防接種)にご協力をお願いします
  2. 企業のご担当者様へ 3つのステップのお願い
  3. 風しんの感染力について
  4. 風しんの無料の抗体検査・予防接種(市町村配布クーポン券による)の対象者
  5. 実施期間
  6. 費用について
  7. 風しんのクーポン券が利用できる医療機関の一覧表(無料で抗体検査・予防接種が受けられる)
  8. 企業の「健診」ご担当者さま・従業員さま向けのリーフレット
  9. 風しんの追加的対策等に関するQ&A等について

職場の健診を活用した風しん対策(無料の抗体検査と予防接種)にご協力をお願いします

 日本では、数年おきに風しん流行起きており、流行が起こった際に妊婦が感染した結果目や耳などに障害を持つお子さん多数発生しています。

 そのため市町村免疫を持っていない可能性が高い43~60※1男性令和4年4月2日時点で)を対象無料抗体検査」「予防接種を受けられるクーポン券を配布※2しています(追加的対策) 

 ※1 昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの方

 「風しん」から従業員(妊娠女性)を守ることは、社会を守ること(今後、我が国を支えていく生まれくるお子さんの健康)につながります。ぜひ、職場の健診の際に社員がクーポン券を利用して「抗体検査」を受けられるよう、ご協力をお願いします。

【企業向け】ホームページ素材(3つのステップ・v4.0)

 

風しんの感染力について 感染を広げるリスクが高いのは 43~60歳 男性です

  • 風しんは、風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症で強い感染力があります。
  • 症状が出る前からヒトからヒトへと感染が広がります。

 

風しんの無料の抗体検査・予防接種(市町村配布クーポン券による)の対象者

  • 昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日までの間に生まれた男性

 

実施期間

  • 令和6年度末(令和7年3月31日)まで

   ※ 実施期間には猶予がありますが、風しんの流行に備えて早めに受検してください。

 

費用について

  • 市町村から配布されたクーポン券による風しんの抗体検査及び抗体がなかった場合のワクチン接種にかかる費用は、原則無料です。

 

風しんのクーポン券が利用できる医療機関の一覧表(無料で抗体検査・予防接種が受けられる)

 福岡県内でクーポン券が利用できる医療機関の一覧です。

 ただし、健診や人間ドッグ時にクーポン券を使用した抗体検査が受検できるかどうかについては事前に個々の医療機関にご確認くださいますようお願いします

【PDF版】

【福岡県】風しんのクーポン券(無料での抗体検査・予防接種が受けられる)が利用できる医療機関の一覧表 [PDFファイル/1.82MB]

【Excel版】

【福岡県】風しんのクーポン券(無料での抗体検査・予防接種が受けられる)が利用できる医療機関の一覧表 [Excelファイル/160KB]

 

企業の「健診」ご担当者さま・従業員さま向けのリーフレット

【企業の健診ご担当者様向け】職場の健診を活用した風しん対策に御協力をお願いします [PDFファイル/529KB]

【企業の従業員さま向け】職場の健診で風しんの「抗体検査」が無料で受けられます [PDFファイル/359KB]

 

風しんの追加的対策等に関するQ&A等について

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)