ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 予防接種 > 風しんの追加的対策について
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > 風しんの追加的対策について

本文

風しんの追加的対策について

更新日:2022年4月1日更新 印刷

 

風しんの追加的対策について

 風しんに感染すると、家族や周囲に人たちに広げてしまうおそれがあります。風しんは、風しんウイルスによって引き起こされる急性の発疹性感染症で、感染後2~3週間の潜伏期(症状がない時期)を経て、発疹、発熱、リンパ節の腫れが見られます(明らかな症状が見られないこともあります)。妊婦が妊娠初期(20週以前)に風しんに感染すると、赤ちゃんが目や耳、心臓などに障がいをもって生まれる可能性があります。

 国は、平成30年7月以降、特に、大都市圏を中心に風しんの患者数が増大したこと等を受け、風しんの感染拡大を防止するため、これまで風しんにかかる予防接種を公的に受ける機会がなかった一定の世代の男性を対象とした「風しんの追加的対策」を実施しています。

 対象者の方には、お住まいの市町村からクーポン券が送付されますので、クーポン券が届きましたら、抗体検査を受けましょう。検査の結果、十分な抗体価がないと判明した方は、予防接種を受けましょう。

厚生労働省ホームページ ※新しいウインドウで開きます

風しんの追加的対策リーフレット(厚生労働省) [PDFファイル/440KB]

対象者

昭和37(1962)年4月2日から昭和54(1979)年4月1日までの間に生まれた男性

実施期間

令和元年度~令和6年度まで(※国は、令和4年2月16日に事業実施期間を令和3年度から令和6年度まで延長することを発表しました。)

令和4年2月16日付厚生労働省通知 [PDFファイル/299KB]

検査及び接種費用

クーポン券を使用した場合、原則無料です。

クーポン券の送付とその後の流れ

 1.お住まいの市町村からクーポン券が送付されます。

 2.クーポン券をお持ちになって、お近くの医療機関または健康診断・市町村の特定検診等で、抗体検査を受けください。(健康診断や特定検診等で受ける場合は、勤務先の福利厚生担当及び市町村の特定検診担当へお問い合わせください。)

 3.抗体検査の結果、十分な抗体価がないと判明した方は、クーポン券をお持ちになって、お近くの医療機関等で、予防接種を受けてください。(抗体が十分にある方は予防接種の対象とはなりません。)

クーポン券を使用する抗体検査及び予防接種の実施医療機関につきましてはこちら(厚生労働省のホームページ)をご覧ください。

 

 「クーポン券を紛失した」「クーポン券が送付された後、別の市町村に転居した」等のクーポン券送付に関するお尋ねは、お住まいの市町村にお問い合わせください。

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)