ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 妊娠・出産 > 不育症に対する支援について

本文

不育症に対する支援について

更新日:2022年5月18日更新 印刷

1.不育症とは

妊娠はするけれども、流産・死産や新生児死亡などを繰り返して結果的に子どもを持てない場合、不育症と呼んでいます。

子どもがいるけれども、流産・死産を2回以上繰り返す場合も不育症となります。

 

不育症に関する原因や治療に関する情報については、厚生労働省の研究班のホームページ「Fuiku-Labo(フイク・ラボ)」をご覧ください。

厚生労働省不育症検査班HP「Fuiku-Labo」(外部リンク)

2.県内で不育症検査・治療を実施している医療機関

福岡県が実施した調査において、ホームページへの掲載に同意をいただいた医療機関の一覧です。


医療機関により、実施している検査等の内容は異なりますので、受診される場合は、必ず事前に電話等で御確認ください。
また、他の都道府県にある医療機関(不育症検査を実施している医療機関など)については、各自治体のホームページなどで御確認ください。

県内不育症検査・治療実施医療機関一覧(R3.8月調査時点) [PDFファイル/184KB]

3.不妊専門相談センター・女性の健康支援センター

福岡県では、3か所の不妊専門相談センター・女性の健康支援センターにおいて、不妊症・不育症等に関して、専用電話による電話相談の他、専門の職員による面接相談を実施しています。

秘密は、厳守されます。お気軽にご相談ください(面接相談は予約制)。

不妊専門相談センター・女性の健康支援センター一覧
  専用電話番号 面接相談日
宗像・遠賀保健福祉環境事務所 0940-37-4070

第3水曜日 13時00分~16時00分(※女性の健康支援センターのみ)

第3金曜日 13時00分~16時00分

嘉穂・鞍手保健福祉環境事務所 0948-29-0277 第1水曜日 13時30分~16時30分
北筑後保健福祉環境事務所 0946-22-4211 偶数月の第3金曜日 13時30分~16時30分

4.福岡県不育症検査費・治療費助成事業

 福岡県では、保険診療外の不育症検査・治療の費用を対象に助成する事業を開始しています。

 詳しくはこちら

5.福岡県先進医療不育症検査費用助成事業

 福岡県では、先進医療として厚生労働省が告示している不育症検査費用を対象に助成する事業を開始しています。

 詳しくはこちら

6.市町村における不育症に対する助成

一部市町において、不育症治療にかかる費用の一部助成を実施しています。

 ※詳しい助成内容については、下記URLより、不妊治療費助成担当課へお問い合わせください。

 北九州市ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

 福岡市ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

 久留米市ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

 上毛町ホームページ(新しいウィンドウで開きます) 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)