ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > こころの健康 > 精神障がいのある人の退院後支援に関する福岡県事務処理要領

本文

精神障がいのある人の退院後支援に関する福岡県事務処理要領

更新日:2018年8月31日更新 印刷

 入院をした精神障がいのある人は、地域生活を送る上で様々な課題やニーズを抱えていることが多く、円滑な社会復帰等の観点からは、そのニーズに応じて、退院後に必要な医療、福祉、介護、就労支援等の支援を受けられる環境を整備することが重要です。

 そこで、本県では平成30年3月に国から示された「地方公共団体による精神障害者の退院後支援に関するガイドライン」を踏まえ、本県における精神障がいのある人の退院後の医療等の支援の標準的な手順を示すものとして、「精神障がいのある人の退院後支援に関する福岡県事務処理要領」を作成しました。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)