ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

スーパーL資金

更新日:2018年9月19日更新 印刷

農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

認定農業者向けの、農業経営改善のための資金です。
 農業近代化資金もご利用いただけますが、資金規模が大きい、償還期間が長い、農地取得のための資金が必要である等近代化資金で十分な対応ができない場合に、(株)日本政策金融公庫が融資する資金です。

貸付対象者

  1. 認定農業者(個人及び法人)
  2. 認定農業者たる法人の構成員である(または構成員になろうとする)個人
    ※個人の場合は、簿記記帳をしていること又は簿記記帳をすることが確実であることが前提

資金使途

  • 農地又は採草放牧地の取得、改良等

  • 施設(農機具を含む)の改良、造成又は取得

  • 永年植物の植栽又は育成

  • 家畜の購入又は育成

  • 農地又は採草放牧地の改良、造成等

  • 長期運転資金

長期運転資金
農地又は採草放牧地の賃借権等の権利金又は当該存続期間に対する対価の全額の一時払い
農機具等の経営改善を図るのに必要な施設の賃借権を取得する場合の存続期間に対する対価の一時払い
効率的な農業技術又は農業の技術又は経営方法を取得するための研修費
品種転換、調査・開発費、営業権等の無形固定資産取得の費用等
ア~エに掲げるもののほか農業経営の改善に必要となる農薬費その他費用(初度的な経費に限る)など
  • 負債整理(制度資金を除く)、資本構成の是正等の経営の安定に必要な費用

貸付条件

 

貸付限度額 個人

3億円

※特認は6億円
法人 10億円 ※特認は20億円[一定の場合30億円]
なお、資金使途の「負債整理等」については、 個人6千万円(特認1億2千万円)、法人2億円(特認4億円)
貸付利率 貸付利率表 を参照のこと
償還期間 25年以内(うち据置期間10年以内)
融資率 100%

 

手続

 

  • 貸付手続きは、基本的には農業経営改善関係資金の手続きに基づく
  • まずは、借入申請申込書を農協等の窓口機関に提出

債権の保全

  • 担保や保証人を求められます。条件によっては農業信用基金協会の債務保証が利用可能なケースもあります。

前のページに戻る

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。