ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 食の安全、家畜衛生、環境保全型農業 > 福岡県農薬指導士認定事業実施要領・運用
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 産業保安 > 産業保安関係 > 福岡県農薬指導士認定事業実施要領・運用

本文

福岡県農薬指導士認定事業実施要領・運用

更新日:2018年12月12日更新 印刷

 福岡県では、農薬の使用に関して指導的立場にある方を対象に農薬に関する専門的な研修及び試験を実施し、合格者は福岡県農薬指導士に認定する事業を行っています。
 例年、更新研修は11月下旬から12月上旬の2日間、養成研修及び認定試験は1月下旬に実施しており、その案内は10月中旬に関係先へ送付するほか、県庁ホームページに掲載します。

 他の都道府県で農薬(管理)指導士として認定され、その認定期間内に福岡県に勤務地を変更した場合、養成研修までの期間(1年以内)に限り、福岡県農薬指導士として認定しています。

 詳しくは、福岡県農薬指導士認定実施要領、運用をご覧ください。

福岡県農薬指導士認定事業実施要領

福岡県農薬指導士認定事業実施要領の運用について

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)