ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防犯 > 性暴力対策 > 子どもに対する性犯罪を犯した刑期満了者は住所等の届出が必要です

本文

子どもに対する性犯罪を犯した刑期満了者は住所等の届出が必要です

更新日:2020年5月1日更新 印刷

子どもに対する性犯罪を犯した刑期満了者は住所等の届出が必要です

 福岡県では、平成31年2月に「福岡県における性暴力を根絶し、性被害から県民等を守るための条例」を制定しました。令和2年5月1日から、この条例の第17条の規定に基づき、子ども(18歳未満の者)に対する性犯罪を犯し、その罪に係る刑期の満了した日から5年以内に福岡県内に住所又は居所を定めた場合、住所又は居所を定めた日から14日以内に届出をする必要があります。なお、条例第22条の規定に基づき、この届出をしない場合、又は虚偽の届出をした場合は5万円の過料が課されます。

1 届出が必要となる方

 18歳未満の者に対し、下記の犯罪を犯し、その罪に係る刑期の満了した日から5年が経つまでに福岡県に住所又は居所を定める方。

 <対象の罪>

 ・強制わいせつ罪

 ・強制性交等罪

 ・準強制わいせつ、準強制性交等罪

 ・監護者わいせつ、監護者性交等罪

 ・強制わいせつ致死傷罪、強制性交等致死傷罪

 ・準強制わいせつ致死傷罪、準強制性交等致死傷罪

 ・監護者わいせつ致死傷罪、監護者性交等致死傷罪

 ・営利目的等略取罪及び誘拐罪(わいせつ目的の場合)

 ・強盗強制性交等罪、強盗強制性交等致死罪

 ・児童に淫行させる行為

 ・児童ポルノ製造罪

 ・常習強盗強制性交等罪

  ※ 未遂罪の規定がある罪については、未遂罪の場合も届出が必要となります。

2 届出に必要なもの

(1)  初めて届出をする時

 県は、届出内容を確認するため、届出をした人から同意書の提出を受け、在所証明書の発行を刑事施設の長に依頼します。

(2) 届出後に福岡県内で住所又は居所が変わった時

(3) 届出後に福岡県外に転出する時

3 届出の方法

・ 届出の方法は、来所又は郵送とします。

・ 届出にあたっては、来所又は郵送先をお伝えするため、「5 問い合わせ先」の専用電話にお電話ください。

※ 届出られた情報は、条例第17条第4項の規定に基づき、届出者の再犯防止及び社会復帰に向けた情報提供、助言、指導その他の支援の目的以外には使用しません。

4 届出後の支援

 届出を受け付けた後は、届出者の意向に応じ、再犯防止及び社会復帰のための支援を行います。詳しくは、下記ページをご覧ください。

 

・性暴力加害者の再犯防止及び社会復帰を支援します

5 問い合わせ先

受付時間:平日 9時00分 ~ 17時00分

専用電話:092-289-9398

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。