ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 水産業 > 漁業と遊漁のルール > 福岡県特定水産資源の採捕の停止に関する規則

本文

福岡県特定水産資源の採捕の停止に関する規則

更新日:2020年12月1日更新 印刷

 漁業法が令和2年12月1日に改正されたことを受け、同日付で福岡県特定水産資源の採捕の停止に関する規則を施行いたしました。

 本規則は、本県における特定水産資源の漁獲量が、本県に割り当てられたその特定水産資源の知事管理量を超え、あるいは超えるおそれが著しく大きい場合に、知事が採捕の停止を命ずることができるようにするものです。

 また知事管理量を漁業種類別に配分して管理する場合には、、その漁業種類における特定水産資源の漁獲量が、その漁業種類に配分された管理量を超え、あるいは超えるおそれが著しく大きい場合も、同様に知事が採捕の停止を命ずることができるようになります。

 今後は本規則に基づき特定水産資源の知事管理量を遵守し、資源管理を進めてまいります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)