ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 入札・公募・公売 > 技術情報(県土整備部) > 建設現場の遠隔臨場を試行します

本文

建設現場の遠隔臨場を試行します

更新日:2020年6月17日更新 印刷

 県土整備部発注工事の建設現場において「段階確認」、「材料確認」と「立会」を必要とする作業に遠隔臨場を適用し、受発注者間の作業効率化を図るとともに、契約の適正な履行として施工履歴を管理することを目的として、試行工事を実施します。


1.試行対象工事

 福岡県土整備事務所、久留米県土整備事務所、北九州県土整備事務所、飯塚県土整備事務所、朝倉県土整備事務所災害事業センターが発注する下記の工事箇所を対象とします。

・事務所からの距離が遠方で移動時間を要す工事箇所
・段階確認・材料確認又は立会が必要な工事箇所
・本試行を実施可能とする通信環境の確保及び映像確認できる工事箇所

2.試行方法

・試行工事の対象である場合は、特記仕様書に明記し発注します。
・受注者は工事契約後に実施するか否かを判断し、発注者と協議を行い実施の有無を決定します。(受注者希望型)

3.適用年月日

・令和2年4月1日以降、指名通知又は入札公告する工事に適用します。
・指名通知等が3月31日以前でも対応が可能な場合は、発注者と協議により試行が出来るものとします。 

4.試行要領等

5.アンケート様式

今後の適正な取組みに資するため、アンケートにご協力願います。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)