ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 感染症対策 > 感染症情報 > レプトスピラ症に注意しましょう

本文

レプトスピラ症に注意しましょう

更新日:2022年9月16日更新 印刷

レプトスピラ症とは

レプトスピラ症は、レプトスピラという細菌が感染することでおこる人獣共通感染症です。

レプトスピラは、汚染された川の水や土壌などを介して感染します。

福岡県内でも、川遊びの後にレプトスピラが感染したと疑われる事例が発生しており、注意が必要です。

 

症状

感染後、3~14日程度の潜伏期間を経て、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、腹痛などの症状が現れます。

風邪のような症状のみが現れる軽症型から、黄疸、出血、腎不全などの症状が現れる重症型(ワイル病)まで症状は様々です。

 

感染経路

レプトスピラは、ネズミなどの野生動物が保有しており、尿と一緒に排泄されることで、水や土壌を汚染します。

レプトスピラの感染経路は、主に、汚染された水や土壌と接触することで、傷口や粘膜から感染する経皮感染と、汚染された水や食品を飲食することで感染する経口感染があります。

特に、国内では川遊びや水辺のレジャーを行った後にレプトスピラ症を発症する事例が多く発生しています。

 

予防・対策

  • 川や池などで遊泳、レジャーを行う場合は、水中でけがをしないよう適切な服装を着用しましょう。
  • けがをしている場合は、水の中に入らないようにしましょう。
  • 川の水はそのまま飲まないようにしましょう。

 

関連リンク

レプトスピラ症とは(国立感染症研究所)(新しいウィンドウで開く)

感染症についての情報 レプトスピラ症(ワイル病)(検疫所)(新しいウィンドウで開く)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。