ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 国民健康保険 > 交通事故などの第三者の行為により負傷した場合
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 医療 > 後期高齢者医療 > 交通事故などの第三者の行為により負傷した場合

本文

交通事故などの第三者の行為により負傷した場合

更新日:2018年2月9日更新 印刷

 交通事故など、第三者からの行為による傷病の場合も、被保険者証を窓口に提示すれば、通常の病気の場合と同様に医療機関を受診することができます。

 ただし、その際は必ずご加入の国民健康保険・後期高齢者医療の担当窓口に被害の状況などを届け出てください。

 なお、この場合、保険者が支払った医療費の額は、加害者に対して損害賠償として請求することになります。

 手続き等の詳細については、お住まいの市(区)町村の国民健康保険・後期高齢者医療の担当窓口にお問い合わせください。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)