ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 障がい福祉 > 障がい福祉情報 > 福岡県軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業について

本文

福岡県軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業について

更新日:2019年11月8日更新 印刷

制度概要

1 目的

 身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴児の補聴器購入費用等の一部を助成し、言語の習得、教育等における健全な発達を支援し、もって福祉の増進を図ること

2 実施主体

 市町村(政令指定都市を除く)

3 交付対象者

 次の要件を全て満たす児童とする。

 (1)福岡県内に住所を有すること。

 (2)18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にあること。

 (3)原則として両耳とも聴力レベルが30デシベル以上で、身体障害者手帳の交付の対象とならないこと。

 ただし、医師が、補聴器の装用により言語の習得等に一定の効果が期待できると判断した場合はこの限りではない。

4 交付対象からの除外

 障害者総合支援法(平成17年法律第123号)第76条第1項ただし書きに規定する、補装具費支給制度の所得制限を準用する。

 (注)事業実施の有無及び負担割合等については、お住まいの市町村にお問い合わせください。

福岡県軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業補助金交付要綱及び要領について

要綱及び要領については次のとおりです。

制度を実施している市町村について

制度を実施している市町村は以下のとおりです(令和元年10月31日現在)。

(注)制度に関するご質問や、北九州市及び福岡市における実施状況等については、各市町の担当課にお問い合わせいただきますようお願いします。

(次の表の市町村名をクリックすると市町村のホームページが新しいウィンドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)