ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 中小企業 > 経営革新、地域産業資源 > 事業承継税制、金融支援、民法特例に係る認定(経営承継円滑化法による支援)について

本文

事業承継税制、金融支援、民法特例に係る認定(経営承継円滑化法による支援)について

更新日:2018年10月1日更新 印刷

非上場株式に係る相続税・贈与税の納税猶予や金融支援を受ける前提となる認定等を行います。

 

経営承継円滑化法においては以下の支援を措置しています。

 (1) 税制支援(贈与税・相続税の納税猶予及び免除制度)の前提となる認定 
 (2) 金融支援(中小企業信用保険法の特例、日本政策金融公庫法等の特例)の前提となる認定 
 (3) 遺留分に関する民法の特例  

(1)税制支援、(2)金融支援については平成29年4月1日以降、経済産業局から都道府県に変更になりました。

なお、(3)遺留分に関する民法の特例については、従来どおり中小企業庁財務課が窓口です。

1 事業承継税制

中小企業の事業承継にあたり、中小企業・小規模事業者の非上場株式等に係る相続税・贈与税が納税猶予・免除されます(法人版事業承継税制)。

また、個人事業者も事業用資産を承継する際に課される相続税・贈与税が納税猶予・免除されます(個人版事業承継税制)。

制度の詳細、申請方法、マニュアルについては、以下をご覧ください。

○中小企業庁ホームページ(法人版事業承継税制(特例措置)の前提となる認定)

「法人版事業承継税制(特例措置)の前提となる認定」(新しいウィンドウで開きます)

○中小企業庁ホームページ(個人版事業承継税制の前提となる認定)

「個人版事業承継税制の前提となる認定」(新しいウィンドウで開きます)

2 金融支援

事業承継の際に代表者個人が必要とする資金の融資を受けることができます。会社及び個人事業主には、信用保証協会の通常の保証枠とは別枠が用意されます。

詳しい内容は以下のホームページの「2.金融支援」をご覧ください。

○中小企業庁ホームページ

「経営承継円滑化法による支援」(新しいウィンドウで開きます)

3 遺留分に関する民法の特例

後継者が、遺留分権利者全員との合意及び所要の手続を経ることを前提に、以下の遺留分に関する民法の特例の適用を受けることができます。

詳しい内容は以下のホームページの「3.遺留分に関する民法の特例」をご覧ください。

○中小企業庁ホームページ

「経営承継円滑化法による支援」(新しいウィンドウで開きます)

※お問い合わせ先(「遺留分に関する民法特例」に関することのみ)
 中小企業庁財務課電話:03-3501-5803
九州経済産業局産業部中小企業課電話:092-482-5447

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。