ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 疾病対策 > 肝炎対策 > インターフェロン治療延長申請様式

本文

インターフェロン治療延長申請様式

更新日:2018年4月1日更新 印刷

インターフェロン治療受給中の方で期間延長に該当する方は以下の書類を揃えてください

72週間投与のための延長の場合

 この申請は、現在の治療がC型慢性肝炎セログループ1型、高ウイルス量症例に対するペグインターフェロン及びリバビリン併用療法で一定の条件を満たし、インターフェロン投与期間を48週を超えて最大72週まで延長する方が対象となります。延長期間は、現行受給者証の有効期間に引き続く6ヶ月を限度とします。
(2)肝臓専門医との連携を確認できる書類
 ※必要な場合と不要な場合があります。主治医にご確認ください。
(3)受給者証
 ※申請書受付時にコピーをとります

シメプレビルを含む3剤併用療法の延長の場合

 この申請は、C型慢性肝炎セログループ1型症例に対する、シメプレビルを含む3剤併用療法の実施にあたり、一定の条件を満たし、医師がペグインターフェロン及びリバビリンを更に24週延長投与する方が対象となります。延長期間は6か月を限度としますが、ペグインターフェロン及びリバビリンの総投与期間は48週を超えないことになっています。
(2)受給者証
 ※申請書受付時にコピーをとります

副作用等による中断期間に伴う延長の場合

 この申請は、本人に帰責性のない事由による治療休止期間がある場合、最大2ヶ月を限度とした延長を認めます。ただし、副作用等による治療休止期間が2ヶ月を超える場合は、再治療(再投与)と判断し、期間延長は認められません。
(2)受給者証
 ※申請書受付時にコピーをとります

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)