ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 子育て支援 > 令和4年度以降の保育所等指導監査について
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 子ども・青少年 > 保育士・保育施設 > 令和4年度以降の保育所等指導監査について

本文

令和4年度以降の保育所等指導監査について

更新日:2022年4月27日更新 印刷

 令和3年7月29日、本県において、保育所の送迎バス内に取り残された児童が死亡するという大変痛ましい事案が発生しました。

 県では、このような事案を二度と繰り返さないよう、令和4年度以降、保育所等(認可保育所、保育所型認定こども園及び幼保連携型認定こども園)に対する一般指導監査の方法について、新たに「一般指導監査(安全重視型)」を導入することにより、別添「令和4年度以降の保育所等指導監査について」のとおり見直すこととしました。

 今回の見直しにあわせて、日頃から危険個所の確認や安全管理の意識を職員間で共有することを目的として、「安全管理重点確認監査チェックシート」及び「『安全管理重点確認監査』の手引き」を作成しておりますので、各保育施設におかれましては、日常点検のツールとしてご活用いただくようお願いいたします。 

※令和4年度の県・市町村合同監査資料の様式については、下記リンクからダウンロードをお願いいたします。

令和4年度 県・市町村合同監査資料様式

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)