ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 生活環境 > 大気 > VRで学ぶ!アスベスト対策

本文

VRで学ぶ!アスベスト対策

更新日:2021年4月15日更新 印刷

VRで学ぶ!アスベスト対策

大気汚染防止法の改正により、令和3年4月1日から規制対象建材がすべてのアスベスト含有建材に拡大され、規制対象工事が大幅に増加します。

改正大気汚染防止法の詳細は、環境省ホームページをご覧ください。

福岡県では、建築物の解体・改修時のアスベスト飛散を防止するため、デジタル技術(VR)を活用し、県内事業者のアスベスト含有建材の調査能力の向上を目的とした研修会を6月から県内4か所で開催します。

VR研修会の詳細は後日公開します。

開催場所

県内4地域(北九州・福岡・筑豊・筑後地域)

対象

県内の解体業者、建築業者等

定員

160名(各地域20名/回×2回×4地域)

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。