ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 介護・高齢者福祉 > 介護保険 > 消費生活用製品(福祉用具)の重大製品事故に係る公表について

本文

消費生活用製品(福祉用具)の重大製品事故に係る公表について

更新日:2023年1月27日更新 印刷
 消費生活用製品(福祉用具)の重大製品事故についての情報提供がありましたので、お知らせします。
福祉用具の使用に際しては、利用者の皆様におかれては、使用方法等に十分ご注意の上、ご使用ください。また、介護保険事業者におかれては、利用者の身体の状況等に応じて福祉用具の調整を行い、当該福祉用具の使用方法、使用上の留意事項等について、十分な説明を行う等、利用者の安全を確保するため、適切に対応してください。
 なお、当ホームページの内容は、令和4年度に公表された福祉用具の重大事故について掲載しています。詳細は、消費者庁又は経済産業省のホームページでご確認ください。

公表日:令和5年1月27日

消費者庁
公表日 
事故
発生日 
報告
受理日
製品名 機種・型式 被害状況 事故内容
R5.1.20 R4.12.6 R5.1.16 スリングシート(介護リフト用)   死亡1名 施設で介護リフトに当該製品を装着して、搭乗者(90歳代)をベッドから車いすに移乗していたところ、当該製品から落下し、死亡した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R5.1.13 R4.10.21 R5.1.10 マットレス   重傷1名 施設で当該製品を使用中、介助者が使用者を横向きにさせたところ、左肘を負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在調査中
R4.12.16 R4.10.24 R4.12.13 歩行車   重傷1名 当該製品を下り坂で使用中、左ブレーキが効かず、転倒し、足を負傷した。
当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。

R4.11.15

R3.4.1

R3.5.11

階段移動用リフト S38 車いすタイプ 重傷1名 当該製品を使用中、搭乗者(70歳代)が転落し、右足を負傷した。
調査の結果、当該製品は、前後の重心が釣り合った状態を維持しながら階段を昇降する仕様であるが、前後の重心が釣り合った状態からハンドルバーを前方へ傾けた際に、搭乗者を含めた当該製品が前方へ転倒することを抑制する機構が装備されていない構造であるため、使用者が操作を誤った際にハンドルバーが前方に傾きすぎたことで当該製品のバランスが崩れて事故に至ったものと推定される。
なお、取扱説明書には、「傾斜角度は25~30度が最もバランスのよい状態であり、それより後方に傾けると重く感じ、前方へ傾けると引っ張られて前方転倒しそうになる。」、「階段の昇降中は、決してハンドルから手を離さない。」旨、記載されている。

R4.11.15

R4.3.28

R4.4.8

階段移動用リフト S38 車いすタイプ 死亡1名 当該製品を使用中、搭乗者が転落し、病院に搬送後、入院中に死亡した。
調査の結果、当該製品は、駆動スイッチに起動条件がなく、昇降動作時に駆動輪が機体と同一平面上に着地した場合、機体が起き上がり、また、前方転倒を抑止する機能がない構造であったため、当該製品の使用中にバランスを崩して事故に至ったものと推定される。
R4.10.28 R3.9.23 R3.10.14 電動ユニット(車いす用) X0F2 重傷1名 当該製品でスロープを走行中、当該製品の右車輪が空転して左に曲がり、壁に右手をついて、右肩を負傷した。調査の結果、当該製品は、右車輪のクラッチピンを支えているプレートのねじの締め付け状態が適切でなかったため、使用中の振動等でねじが緩み、脱落したことにより、モーターの回転が右車輪に伝達されない状態になり、異常を検出して左右のモーターが停止した際、左車輪のみ停止して右車輪は惰性で回転し、車両が左車輪を支点にして左に旋回して事故に至ったものと推定される。
R4.10.18 R4.4.11 R4.10.14 マットレス   重傷1名 当該製品を使用したところ、皮膚障害を発症した。当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。

R4.9.13

R4.8.13 R4.8.13 電動車いす(ハンドル形)   死亡1名 当該製品に乗車していた使用者(80歳代)が、当該製品とともに道路脇のり面へ転落しているところを発見され、死亡が確認された。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R4.9.9 R4.8.18 R4.9.5 電動車いす(ジョイス
ティック形)
  重傷1名 当該製品を使用中、縁石を乗り越え、崖下へ転落し、負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R4.8.12 R4.7.14 R4.8.9 介護ベッド   重傷1名 施設で介助者が使用者を車いすから当該製品へ移乗中、当該製品の脚部が外れベースフレームが落下し、左足指を負傷した。
当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。
R4.7.22 R4.7.8 R4.7.20 車いす   重傷1名 介助者が当該製品に使用者を乗せてスロープを下っている際に、転倒し、使用者が負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R4.7.15 R4.6.30 R4.7.11 介護ベッド用手すり   死亡1名 使用者(80歳代)が当該製品とマットレスにけい部が挟まれた状態で発見され、病院に搬送後、死亡が確認された。事故発生時の状況を含め、現在、原因を調査中。
R4.7.1 R4.5.26 R4.6.28 電動車いす(ジョイスティック形)   重傷1名 当該製品で走行中、ブレーキが効かず、ガードパイプに衝突し、転倒、右足を負傷した。当該製品の使用状況を含め、現在、原因を調査中。
R4.6.10 R4.5.20 R4.6.8 歩行車   重傷1名 使用者(80歳代)が当該製品を使用中、転倒し、足を負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R4.6.7 R3.7.7 R4.6.3 階段昇降機   死亡1名 当該製品を使用中、当該製品の肘掛けと2階の床(はり)に挟まれ、病院に搬送後、死亡した。当該製品の施工状況を含め、現在、原因を調査中。
R4.4.12 R4.3.28 R4.4.4 階段移動用リフト   死亡1名 当該製品を使用中、搭乗者が転落し、病院に搬送後、入院中に死亡した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。
R4.4.1 R4.2.13 R4.3.28 マットレス   重症1名 圧縮梱包された当該製品を開封中、当該製品が膨らみ、持っていたカッターで、左手を負傷した。当該製品に起因するのか、他の要因かも含め、現在、原因を調査中。

  

掲載先(消費者庁ホームページ)https://www.caa.go.jp/notice/release/2022/