ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 河川・ダム > 河川の維持・管理 > 河川現況台帳調書の様式及び記入要領について

本文

河川現況台帳調書の様式及び記入要領について

更新日:2020年8月4日更新 印刷

河川現況台帳調書の様式及び記入要領について

 福岡県では、河川管理者が法的に把握しておくべき情報と、施設を合理的に維持管理していく上で必要となる情報とを今後継続的に作成・更新していくために、河川管理施設又は許可工作物を扱う工事又は設計委託を行った場合に、各種台帳調書を作成することとしています。
 河川管理施設及び許可工作物を扱う工事又は設計委託の受注者におかれましては、特記仕様書に従い、発注者に所定の様式で台帳を提出してください。

様式・記入要領 ダウンロード

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)