ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 農産物のブランド化 > 福岡県育成の甘柿「秋王」について

本文

福岡県育成の甘柿「秋王」について

更新日:2022年2月28日更新 印刷

秋王について

1 「秋王」とは

 「秋王」は、平成13年に福岡県が育成を開始し、平成24年に品種登録された柿の品種(品種名:福岡K1号)です。「秋王」の名称で商標登録を行い、平成27年10月に販売を開始しました。

 「秋王」は、糖度が高くサクサクした食感で大変美味しく、きれいな橙赤色で、種がほとんどないという優れた特徴があり、その名のとおりまさに「秋の王様」の柿です。

秋王の写真秋王の写真2

2 「秋王」のポスター

 甘柿「秋王」を多くの人にPRするため、「秋王」の集出荷を行うJA全農ふくれんが作成したポスターです。

福岡県限定生産の秋王、甘くてサクサク、極上のおいしさ

ふくれん秋王ポスター [PDFファイル/187KB]

 

商標「秋王」について

商標登録の経緯

 福岡県では、かき産地の振興を図るため品種の開発に取組み、平成24年に育成品種を「秋王」として商標を取得(第31類:果実、苗木類)しました。

 同年に、「秋王」を原料とした加工品も含めてブランド化を図るため、加工果実、菓子、パン、飲料等の下記区分についても、県が商標を取得しました。

 このため、「秋王」の名称を使用して販売する商品については、県の承認が必要となります。

※なお、果実、苗木類については、承認を受ける必要はありません。

本県が「秋王」で商標登録している商標区分
第29類 冷凍果実、加工果実

第30類

茶、菓子、パン、サンドイッチ、調味料、アイスクリームのもと、シャーベットのもと
第31類

果実、種子類、木、苗、苗木

第32類 清涼飲料、果実飲料、乳清飲料
第33類

日本酒、洋酒、果実酒、酎ハイ、中国酒、薬味酒

商標使用の条件

・「秋王」の果実を使った商品の販売に際し、「秋王」を指す名称として商標を用いる場合に限ること。

・商標を活用し、「秋王」が広く消費者に愛され定着するよう利用拡大に努めること。

・使用するかきに占める「秋王」の割合が100%となる商品作りを基本とすること。等

使用申請の手順

 下記の要領に従って、申請書(様式第1号)に必要事項を記入のうえ、下記まで提出してください。なお、申請書は商品ごとに提出してください。県が審査を行い、使用条件等を満たす商品であると認められる場合は、商標の使用を承認し、登録書を発行します。

福岡県登録 商標「秋王」使用取扱要領 [PDFファイル/57KB]

商標「秋王」使用申請書 [Wordファイル/19KB]

商標「秋王」使用中止届出書 [Wordファイル/18KB]

 

 

提出先:

〒812-8577 福岡県福岡市博多区東公園7番7号

福岡県農林水産部園芸振興課果樹係

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)