ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 記者発表資料 > 6月1日から7日は「HIV検査普及週間」です

本文

6月1日から7日は「HIV検査普及週間」です

発表日:2023年5月25日 14時00分 印刷
担当課:
がん感染症疾病対策課感染症対策係
直通:
092-643-3597
内線:
3066
担当者:
中山、吉本

○令和4年の福岡県のHIV感染者とエイズ患者の報告数は63名となり、前年の54名から約16%増加しています。また、全国の報告数は減少傾向である中、本県は3年連続で増加し続けています(下図参照)。

○現在は医療の進歩により、HIVに感染しても早期に治療を開始することでエイズ発症を遅らせることができ、感染前と変わらない生活を送れるようになっていますが、HIVに感染して数年は自覚症状がないため、早期に感染に気付くには、検査を受けることが重要です。

○県内の各保健所等では、「HIV検査普及週間」に合わせ、HIV・性感染症検査の体制を充実・強化し、検査を受けられる機会を拡大します。また、県民の皆さんに対し、受検を呼びかける取り組みを行います。

「HIV検査普及週間(6月1日~7日)」に合わせた取り組み

1.HIV・性感染症検査体制の充実・強化

(1)通常の検査時間を延長するほか、土・日、平日夜間にも検査を実施

(2)1時間程度で結果が判明する「迅速検査」を実施する保健所等を拡充

2.受検を呼びかける取り組み

(1)チラシ等の配布による受検促進

   配布先:公共施設、コンビニエンスストア、商業施設等

(2)県公式ツイッター及びLINE、県ホームページによる情報発信

(3)県庁1階 ロビーでHIV・エイズに関するパンフレットの配架、レッドリボンツリーの展示

※HIV検査は、無料・匿名で受けることができます。

※詳しい検査日時や、各保健所等での検査の内容についてはこちら(「HIV検査普及週間」チラシ) [PDFファイル/526KB]または以下ホームページをご確認ください。予約が必要な場合もありますので、必ず確認の上、受検をお願いします。

※HIV・エイズや検査に関するお問い合わせは、最寄りの保健所等に直接お尋ねください。

○参考

報告数

  https://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/hiv-week2023.html