ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 防災・国民保護 > 被災者支援 > 被災者の方を対象とした住まい再建に係る支援事業のご案内(引越費用・民間賃貸住宅の初期費用に対する助成)

本文

被災者の方を対象とした住まい再建に係る支援事業のご案内(引越費用・民間賃貸住宅の初期費用に対する助成)

更新日:2020年4月1日更新 印刷

福岡県では、平成29年7月九州北部豪雨により、住居が被災し、災害復旧工事の関係や長期避難世帯等のやむを得ない事情で仮住まいを余儀なくされた被災者に対し、県内の本再建先へ引越しをする際に要する費用及び本再建先として県内の民間賃貸住宅へ入居する際に締結する賃貸借契約に伴う費用に対し、その一部を助成する事業を令和2年4月より開始します。

制度概要

1.交付対象者

災害復旧工事の関係や長期避難世帯といったやむを得ない理由で仮住まいを余儀なくされている方で、以下の(1)~(4)のいずれかに該当する方

   (1) 応急仮設住宅等を退去し、仮住まいをされている方(個人契約への切替えを含む)

   (2) 『全壊』または『大規模半壊』の罹災証明書の交付がなされた方

   (3) 『半壊』の罹災証明書の交付がなされ、その住宅を解体した方

   (4) その他仮住まいをされている方で朝倉市が認めた方

 ※ 仮住まいを経て既に本再建している方も対象となります。

2.助成対象経費及び助成金額

助成対象経費及び助成金の額は、以下の表のとおりとします。

(助成対象経費及び助成金額)

助成対象経費 助成金額
県内の本再建先への引越しに要する費用 一律10万円/世帯

本再建先として県内の民間賃貸住宅へ

入居する際に締結する賃貸借契約に伴う費用

一律20万円/世帯

3.申請期限

(1)令和2年3月31日までに本再建した方

 令和2年9月30日まで

 

(2)令和2年4月1日以降に本再建した方

 本再建した日から起算して6ヶ月経過した日又は令和3年3月15日までのいずれか早い日まで

4.申請に必要な書類

1 交付申請書兼実績報告書(様式第1号) [Wordファイル/18KB] 交付申請書兼実績報告書(様式第1号) [PDFファイル/68KB]

2 住民票(発災時に世帯が居住していたことが証明でき、かつ、再建先の住宅の所在、世帯主及び世帯構成が確認できるもの)

3 賃貸借契約書の写し(民間賃貸住宅へ入居した場合のみ必要)

4 債権者登録申出書 [Wordファイル/21KB] 債権者登録申出書 [PDFファイル/73KB]

5 委任状 [Wordファイル/14KB] 委任状 [PDFファイル/20KB]罹災証明書等に記載された方が申請をする場合は不要)

5.申請方法

上記の「申請に必要な書類」をまとめ、下記の窓口に提出してください。

(申請窓口)

市町村 窓口 所在地 電話番号
朝倉市 復興推進室 本庁舎 0946-28-7137
被災者相談窓口 杷木支所 0946-63-3077
朝倉老人福祉センター

0946-52-0356

 

6.助成金交付要綱

福岡県住宅被災者本再建支援助成金の詳細については、以下の助成金交付要綱をご確認ください。

福岡県住宅被災者本再建支援助成金交付要綱 [PDFファイル/106KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)