ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 住まい(土地・建物) > 土地情報 > 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法について

本文

所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法について

更新日:2019年6月1日更新 印刷

所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法の施行について

 社会経済情勢の変化に伴い、登記簿などの公簿情報を参照しても所有者が直ちに判明しない土地、所有者が判明しても所有者に連絡がつかない土地、いわゆる「所有者不明土地」が増加しています。

 この度、所有者不明土地の利用の円滑化を図るための「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が制定され、令和元年6月1日に全面施行されます。

 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法では、(1)所有者不明土地を円滑に利用する仕組み、(2)所有者の探索を合理化する仕組み、(3)所有者不明土地を適切に管理する仕組みを構築しています。

お問い合わせ先

(1)裁定申請の受付に関する相談窓口

県土整備部用地課収用係(092-643-3648)

(2)上記以外に関する相談窓口

企画・地域振興部総合政策課政策推進班(092-643-3213)

 

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。