ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > こころの健康 > 自立支援医療(精神通院医療)及び精神保健福祉手帳のお知らせ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 障がい福祉 > 障がい福祉情報 > 自立支援医療(精神通院医療)及び精神保健福祉手帳のお知らせ

本文

自立支援医療(精神通院医療)及び精神保健福祉手帳のお知らせ

更新日:2020年7月3日更新 印刷

自立支援医療費(精神通院医療)について

 自立支援医療(精神通院医療)は、精神科の病気で治療を受ける場合、外来への通院・投薬・訪問看護などについて、必要な医療費の一部を公的に支援する制度です。(入院については対象となりません。)
 一般には、公的医療保険で3割の医療費を負担しているところを1割に軽減します。また、この1割の負担が過大なものとならないよう、世帯の所得状況に応じて月額上限額が定められています。

  1 対象となる方

 精神疾患(てんかんを含む)により、通院による治療を続ける必要がある方が対象となります。

 対象となるのはすべての精神疾患で次のようなものが含まれます。 

  統合失調症/うつ病/てんかん/薬物やアルコールによる急性中毒またはその依存症

  高次脳機能障害/発達障害/その他の精神疾患

  2 申請窓口

 申請は市町村の担当窓口で行ってください。市町村によって担当課の名称は異なりますのでお住まいの市町村にお尋ねください。

  3 申請手続き

担当窓口に次の書類を提出してください。

 1)自立支援医療費(精神通院医療)支給認定申請書(署名捺印)

 2)診断書(自立支援医療(精神通院医療)用)(診断書作成日より3か月以内のもの)

 3)世帯を確認できる書類(健康保険証の写し)

 4)世帯の所得を確認できる書類(課税・非課税証明書や障害年金などの年金の金額のわかるもの)

 注)申請の際にマイナンバーの記載が必要です。本人確認のための書類が必要ですので、詳しくは担当窓口にお問い合わせください。

  4 有効期間

 受給者証の有効期間は1年間です。新規の場合は、市町村が申請を受付た日から1年が経過する日の属する月の前月末日までとなっています。1年ごとに更新の手続きが必要になりますが、治療方針に変更がなければ、2回に1回は診断書を省略できます。更新は、有効期限の3か月前から申請できます。

 また、医療機関や薬局・所得区分などに変更があった場合は、変更届を出す必要があります。詳しくは市町村の担当窓口にお問い合わせください。

精神障害者保健福祉手帳について

 精神障害者保健福祉手帳は、一定程度の精神障害の状態にあることを認定するものです。精神障がい者の自立と社会参加の促進を図るために、手帳を持っている方々には、様々な支援等が講じられています。

  1 対象となる方

 精神疾患(知的障害を除く)のため、長期にわたり日常生活または社会生活への制約(障害がある方を対象としています。年齢による制限や在宅・入院の区別はありません。その精神疾患による初診から6か月以上経過していることが必要となります。

  2 申請窓口

 申請は市町村の担当窓口で行ってください。市町村によって担当課の名称は異なりますのでお住まいの市町村にてお尋ねください。

  3 申請手続き

 担当窓口に次の書類を提出してください。

  1)障害者手帳申請書(署名捺印)

  2)写真(縦4cm×横3cm)脱帽して上半身を写したもの

  3)添付書類(ア、イのいずれか)

   ア)診断書(精神障害者保健福祉手帳用)(初診日から6か月以降/診断書作成日より3か月以内のもの)

   イ)障害年金証書の写しか直近の払い込み通知書の写し及び同意書

 注)申請の際にマイナンバーの記載が必要です。本人確認のための書類が必要ですので、詳しくは担当窓口にお問い合わせください。

  4 有効期間

 手帳の有効期間は2年間です。新規の場合は、市町村が申請を受け付けた日から2年が経過する日の属する月の末日までとなっています。

 更新は、有効期限の3か月前から申請できます。更新申請に必要な書類は、新規申請の場合と同じです。

申請書・診断書様式

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)