ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

青年等就農資金

更新日:2019年12月19日更新 印刷

青年等就農資金

 青年等就農計画を作成し、市町村から認定を受けた「認定新規就農者」に対し、農業経営を開始するのに必要な資金を株式会社日本政策金融公庫が無利子で融資します。

1 貸付対象者

 新たに農業経営を営もうとする青年等※であって、市町村から青年等就農計画の認定を受けた認定新規就農者

 ※青年等とは 

  1. 青年(原則18歳以上45歳未満)
  2. 特定の知識・技能を有する中高年齢者(65歳未満)
  3. 上記の者が役員の過半数を占める法人

(注)農業経営を開始して一定の期間(5年)を経過しない者を含みます。

2 資金使途

 青年等就農計画の達成に必要な次の資金

  • 施設・機械の取得等
  • 家畜の購入費、果樹や茶などの新植・改植費
  • 農地借地料 (※農地の取得費用は対象となりません)
  • その他の経営費

 

3 貸付条件

 (1)貸付限度額:3,700万円(特認1億円)

 (2)貸付利率:無利子

 (3)償還期間:17年以内(うち据置期間5年以内)

4 手続

  1. 「青年等就農計画」を作成し市町村に提出
  2. 「青年等就農計画」の認定後の貸付手続は、農業経営改善関係資金の手続に基づく
    ・まずは、借入希望申込書を農協等の窓口機関に提出
    ・融資機関の指示により経営改善資金計画書を提出
    (注)資金の貸付にあたっては審査があります。

5 債権の保全

  • 直貸方式(株式会社日本政策金融公庫からの直接融資)の場合
    担保:原則として融資対象物件のみ
    保証人:原則として個人の場合は不要
     法人の場合で必要な場合は代表者のみ
  • 転貸方式(農協等民間金融機関からの融資)の場合
    農業信用基金協会の債務保証が原則

トップページに戻る

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。