ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

生活保護制度とは?

更新日:2016年1月1日更新 印刷

生活保護制度とは?

生活保護制度の概要

 私達の一生の間には、いっしょうけんめい働いても生活ができないときや、病気や事故、その他 さまざまな事情のために、生活が苦しくなってどうにもならなくなるときがあります。このようなときに、日本国憲法第25条の規定に基づいて、その困窮の程度に応じて国が最低限度の生活を保障するとともに、一日も早く自分たちの力で生活していけるように手助けすることを目的とした制度です。

生活保護の種類

 生活保護には次の8種類の扶助があり、国が定めた基準の範囲内で支給されます。

 (1)生活扶助 食べるもの、着るもの、電気、ガス、水道などの日常の暮らしのための費用
 (2)住宅扶助 家賃、地代や住宅の補修などの費用
 (3)教育扶助 学用品、教材費、給食費、学級費、などの義務教育の費用
 (4)医療扶助 病気やけがの治療のため、医者にかかる費用
 (5)介護扶助 高齢者等の方が、介護サービスを受けるためにかかる費用
 (6)出産扶助 お産をするための費用
 (7)生業扶助 仕事につくための費用、技能や技術を身につけるための費用、高等学校等に就学するための費用
 (8)葬祭扶助 葬祭の費用

 なお、小学校、中学校の入学準備や、出産準備、引越などの臨時的に必要な費用について、支給が受けられることがあります。

福祉事務所一覧表のページに行く

保護・援護課のトップページにもどる

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。