ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 税金 > 県税情報 > 産業廃棄物税の概要

本文

産業廃棄物税の概要

更新日:2019年11月15日更新 印刷

産業廃棄物税の概要

 産業廃棄物税は、産業廃棄物の焼却施設又は最終処分場への搬入に対して課税するもので、産業廃棄物の排出抑制とリサイクルをさらに促進し、循環型社会にづくりに向けた取組を進めるための費用に充てられる目的税です。

税の仕組み

 産業廃棄物税は、より高い排出抑制効果を図るため、排出事業者に税負担を求め、最終処分場(埋立)への搬入とともに排出に近い中間処理施設への搬入に課税します。
 また、簡素な税制で幅広くリサイクルへ誘導するため、中間処理施設への課税に当たっては焼却施設への搬入のみを課税対象としています。
産業廃棄物税の課税の仕組み

納める人

 県内の焼却施設及び最終処分場へ産業廃棄物を搬入する排出事業者又は中間処理業者

課税標準

 県内の焼却施設及び最終処分場に搬入される産業廃棄物の重量

納める額

  • 焼却施設への搬入量1トン当たり   800円
  • 最終処分場への搬入量1トン当たり 1,000円

申告と納税

 焼却処理業者及び最終処分業者は、排出事業者又は中間処理業者から税を受け取り、年4回(4月末、7月末、10月末、1月末)県に申告納入します。(特別徴収)
 自己処理については、排出事業者及び中間処理業者(焼却処理業者を含む)が申告納付します。

課税とならない場合

  •  課税の特例
     特に循環型社会の形成に資するものとして知事が認定した次のような焼却施設への産業廃棄物の搬入に対しては、課税をしないこととしています。
      (1) 産業廃棄物を原材料として再生利用する焼却施設
      (2) 産業廃棄物の焼却熱を回収して有効利用する焼却施設
  •  課税の免除
     次のような場合には、課税が不適当な産業廃棄物の搬入として課税を免除することとしています。
      (1) 北九州市に所在する最終処分場への搬入
      (2) 公益上その他の事由による搬入

税収の使いみち

以下の環境施策に活用します。

  • 産業廃棄物の排出抑制・リサイクルの促進
  • 適正処理体制の整備
  • 市町村の環境行政の支援
  • 環境を担う人材育成と交流

担当県税事務所

  福岡県博多県税事務所 課税第3課

  〒812-8542 福岡市博多区博多駅東1丁目17番1号
   福岡県福岡東総合庁舎

  Tel:092-473-8314

Q & A

産業廃棄物とは何ですか?

 事業活動に伴って排出されたごみのうち、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められた燃えがら、汚泥、廃油、廃プラスチック類などの廃棄物のことです。
 なお、家庭から排出されるごみは一般廃棄物として取り扱われます。

県外の排出事業者も納税義務者になるのですか?

 県内の焼却施設及び最終処分場へ産業廃棄物を搬入する排出事業者は、県内、県外を問わず納税義務者となります。

産業廃棄物の重量がわからない場合はどうするのですか?

 重量の測定が困難な場合には、規則で定めた方法で、容量を重量に換算することになります。

中間処理施設を経て最終処分場に搬入された場合の税負担はどうなるのですか?

 中間処理業者が納税義務者となり、税を負担した中間処理業者は処理料金に税相当分を転嫁(上乗せ)して、排出事業者請求することになります。このため、排出事業者には間接的に税の負担をしていただくことになります。

排出事業者が、自ら設置する焼却処理施設、最終処分場は搬入した場合はどうなるのですか?

 搬入した産業廃棄物について税額を計算して、県に年4回(4月末、7月末、10月末、1月末)申告して納めます。

産業廃棄物をリサイクルした場合はどうなるのですか?

 産業廃棄物がリサイクルされ、焼却施設及び最終処分場へ搬入されるものがなければ、産業廃棄物税は課税されません。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。