ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 職員採用 > 県職員採用 > 民間企業等職務経験者論文試験課題

本文

民間企業等職務経験者論文試験課題

更新日:2021年4月23日更新 印刷

第1次試験の課題

(1) あなたのこれまでの民間企業等における職務経験を述べなさい。

(2) その中で、「もっとも成果を上げたと考える事例」と「その時期」を挙げ、その事例において
      「あなたが果たした役割」、「苦心した点や創意工夫した点」、「得られた評価や能力・強み」
      などについて、具体的に述べなさい。

(3) (1)、(2)を踏まえて、あなたの職務経験、能力などを、県行政のどの分野で、どのように活か
   していきたいか、県の施策を例に挙げて具体的に述べなさい。

  (記述に当たっての注意)
   (1)、(2)、(3)は分けて記述することとし、それぞれの記述のはじめには、必ず(1)、(2)、(3)の
   番号を付すこと。

第2次試験の課題

 経済産業省が発表した2019年の家計消費支出に占めるキャッシュレス決済の比率は、
過去最高の26.8%となったが、海外諸国と比較するとまだ低い状況にあります 。
 キャッシュレス化のメリット、デメリットを挙げた上で、あなたが普及を推進する立場にある
と仮定し、なぜ普及させるべきなのか、また行政が普及のために行う取組として、どのような
取組が考えられるか、あなたの考えを述べなさい。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。