ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

タイ王国バンコク都

更新日:2020年9月4日更新 印刷

タイ王国バンコク都との友好提携について

友好提携年月日

   2006年2月8日

友好提携に至った経緯

 アジアとの関係をさらに幅広く深めていくため、アジア諸地域の中で、本県の主要産業である自動車産業を中心に発展著しいタイと交流を行うこととした。中でも政治、経済、文化の中心地であるバンコク都を候補地域として決定した。2005年10月に調査団を派遣し、アピラック・バンコク都知事と面談を行い、交流の意向を確認したところ、積極的な回答が得られたため、2006年2月に麻生福岡県知事を団長とする訪問団がバンコク都を訪れ友好提携協定書に署名を行った。

バンコク都の概要

 

面積 1,568.7平方キロメートル(福岡県の約0.3倍)
人口 567.66万人(福岡県の約1.1倍)
地理

タイ中南部、チャオプラヤ(メナム)川の平地に位置する。

気候

熱帯に位置し、高温・多湿。季節は雨季(5月から10月)、冬季(11月から1月)、夏季(2月から4月)の3つのメインシーズンに分けられる。

一年を通じて気温は高く、最低気温の平均は20度台前半、最高気温は30度台の中ほどである。

経済・産業

タイにおける政治、経済、文化の中心地であり、商業、工業、建設業を含むサービス産業が盛ん。

また、すべての銀行の本店が集中し、金融の中心でもある。

首都であることから、特別な地方自治体として位置づけられている。

ホームページ

バンコク都ホームページ(新しいウインドウで開きます)

 バンコク都の写真1枚目ですバンコク都の写真2枚目です

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。