ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 交通基盤 > 港湾 > 苅田港・三池港の港湾施設(埠頭・水域)への立入制限について

本文

苅田港・三池港の港湾施設(埠頭・水域)への立入制限について

更新日:2022年3月31日更新 印刷

SOLAS条約と保安対策

 アメリカ同時多発テロをきっかけに、国際テロ対策が世界中で問題となり、外国船舶の出入りをする港の保安対策を整えることを目的に、国際条約である海上人命安全条約(SOLAS条約)が改正されました。
 これを受けて、わが国でも「国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律」(平成16年4月14日公布)が平成16年7月1日に施行され、本県においても苅田港と三池港の一部を立入制限区域(SOLAS制限区域)に指定し、出入り管理を行っています。

SOLAS制限区域においての制限内容

 SOLAS制限区域においては、フェンスやゲートによる出ち入り管理を行っております。港湾関係者などあらかじめ許可を受けた方を除き、区域内を出入りすることはできません。
 また、水域においても、外国船舶着岸時は正当な理由を有する場合を除き、当該船舶の周囲に接近することが禁止されています。

 釣りなどの目的で、陸上・海上から立ち入ることはお止めください。  

位置図(国土交通省HP)

埠頭及び水域の制限区域の位置

苅田港 [PDFファイル/919KB]

三池港 [PDFファイル/127KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)