ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 情報・IT化 > 電子自治体 > 公的個人認証サービス利用に必要なもの

本文

公的個人認証サービス利用に必要なもの

更新日:2018年6月6日更新 印刷

公的個人認証サービスに必要なもの

公的個人認証サービスを利用するためには、以下の3点の準備が必要となります。

 

1 マイナンバーカード又は住民基本台帳カード

  電子証明書が搭載されたマイナンバーカード又は住民基本台帳カードが必要です。

 

2 ICカードリーダライタ又はマイナンバーカード読取り対応スマートフォン

  マイナンバーカード又は住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書をパソコンに読み込むために、ICカードリーダライタが必要です。

 

※住民基本台帳カードでご使用していたICカードリーダライタのなかには、マイナンバーカードに対応していない機器もございますので、ご注意ください。

 

 また、平成29年1月から、ICカードリーダライタの代わりに、マイナンバーカードの電子証明書情報の読み取りが可能なスマートフォンをパソコンに接続(Bluetoothで接続)して、公的個人認証サービスを利用することも可能になりました。

 

3 利用者クライアントソフトのインストール

 マイナンバーカード又は住民基本台帳カードに記録された電子証明書を利用するための専用ソフトウェアをインストールする必要があります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)