ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 税金・領収証紙 > 県税情報 > 県が課税する固定資産税

本文

県が課税する固定資産税

更新日:2021年4月1日更新 印刷

県が課税する固定資産税とは

この税は本来は市町村税ですが、市町村の財政上の均衡を図る見地から、一定限度以上の償却資産に対して県が課税するものです。

納める人

大規模の償却資産の所有者
※大規模の償却資産とはひとりの納税義務者が所有する償却資産で、その合計価額が市町村が課税することのできる限度(地方税法に定める。)を超えるものをいいます。

納める額

償却資産のうち市町村の課税限度額を超える額の100分の1.4

申告と納税

【申告】大規模の償却資産の指定を受けた所有者は、当該償却資産について、1月31日までに県税事務所に申告することになっています。
【納税】県税事務所が送付する納税通知書により、4月・7月・12月・2月の4回に分けて納めることになっています。
※市町村が課税する固定資産税は、土地・家屋・償却資産に対しその所有者に課税されます。標準税率は同じく100分の1.4です。
※マイナンバー制度の導入に伴い、平成28年1月以降に申告する場合はマイナンバー(個人番号)・法人番号が必要になります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。