ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 技術・経営指導、試験研究 > ミカンコミバエの発生について

本文

ミカンコミバエの発生について

更新日:2021年11月16日更新 印刷

 本年、福岡県では果樹、野菜等の重要病害虫のミカンコミバエが、例年より多く見つかっています。ミカンコミバエがまん延すると、地域に大きな被害をもたらしますので、まん延防止にご協力をお願いします。

まん延防止に向けたお願い

 取り残した果実や落下した果実、傷ついた果実など不要となった果実は発生源となる可能性があるので、放置せず地中深くに埋却、またはビニール袋に密封して処分するなどの対応をお願いします。

 また、かんきつ等で、異常に落果しているなど、寄生が疑われるような事案がありましたら、最寄りの普及指導センター、JA等にご連絡ください。

 県内の普及指導センター

 本県や他県のミカンコミバエ誘殺状況については、下記の農林水産省植物防疫所ウェブサイトをご参照ください。

Q.ミカンコミバエとは?

A.国が指定している重要病害虫(注)で体長7mm位の小型のハエの一種です。
  世界における発生地域は、中国、東南アジア、ハワイ等です。
  主な寄主植物はカンキツ類、モモ、ビワ、トマト、マンゴー等の生果実です。
  腐りかけの果実を好み、未成熟の青い果実には寄生しにくいです。
  幼虫が果実に寄生すると腐敗・落下し、ひどい場合には収穫皆無となります。

 (注)重要病害虫とは
  国内にまん延すると有用な植物に重大な損害を与えるおそれがある病害虫で農林水産省消費安全局長が指定するものです。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)